低コスト海外マーケティングのコツ・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第3回 | GameBusiness.jp

低コスト海外マーケティングのコツ・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第3回

その他 その他

グローバルな金融危機以降、世界中の企業はコスト削減に乗り出しました。合理的に無駄な部分を排除することは、ビジネス社会において当然の処置でありながら、近年はそれが更に激化しているようです。収益に直接影響を及ばないような事業は特に危機的状況に置かれています。経済が回復の兆しを見せたとの話も聞きますが、好況と呼べるようになるのはまだ先の話でしょう。

開発費が高騰しているゲーム業界でも、合理化が求められています。「ゲームウォーズ 海外VS日本」ではこれから2回に渡って、比較的規模の小さいゲーム開発会社でも、低コストで海外に展開することが可能な海外マーケティングとローカライズのコツを取り上げたいと思います。

今回は、ローリスク・ハイリターンのゲリラ・マーケティング戦略についてお話させていただきます。

これから取り上げるアイデアは非常にシンプルな方法でありながらも、結果的に莫大な収入をもたらすものです―――実際に弊社が実践するこのマーケティング戦略によって多くの日本の企業が収入を伸ばしています。

■SNSの有効活用

欧米ではSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)やweb2.0の利用はマーケティング活動に有益な手段であるとの声が4〜5年程前から高まっています。現在、ゲーム開発会社ではSNSマーケティング戦略の企画と実行は当然のこととなってきました。実際日本においてもこのような手法を活かす企業は増加していますが、小規模な開発会社がマーケティング戦略を行う上でSNSを十分に活かせている企業は多くないと言えるでしょう。特に海外向けのマーケティングの場合、より上手に活かせる余地があると思います。

SNSマーケティングの最大の魅力はゲームファンが(御社のファンも含め)既に主要SNSサイトに多く存在していることです。更に、ゲームファンは貴社ブランドのアイテムの広報に参加したいと思う意欲があります。従ってSNSマーケティング戦略に於ける唯一の難点はファン達を広報活動に参加させる為に興味を持たせる方法を取ることです。予算が少ない若しくは各SNSのプラットフォームがいくら繋がっていると言えども、独特な組織体制と文化を持っていることによりこの問題は更に複雑になります。

とは言え、莫大な投資をせずとも、創造性に富み簡単に参加できるオンライン・イベントを通じてユーザーを惹き込むことは十分に可能です。但しユーザーに対する重要なポイントは「簡単に参加できる」「理解し易い」「興味を持てる」そして「伝播性がある」ことです。最後に述べた「伝播性がある」ことが最も重要なことでありながら、日本の企業が海外の消費者をターゲットにした際、攻略が最も困難なポイントです。或る市場にては文化とそこの消費者がどのようなものに興味を持つのか徹底的に調査し理解する必要があります。このようなイベント計画の作成と実施は弊社の専門事業の一つであり、高い投資収益率と認知度の向上に関する結果は確かであると保証します。

■ブロガーとの接触

日本でもある程度普及されているブログは欧米(特に米国)では「クレージー」と言える程の人気を持っています。ニュース、政治、社会のあらゆるチャンネルにブログは浸透し、人気ブログの管理者は芸能人に匹敵する注目を集めています。

ゲーム開発会社がこの現象を利用したいことは言うまでもありません。実際に大手ゲームパブリッシャーは以前より有利にブログを活用しています。勿論、中小ゲーム企業でも同等にブログの執筆者と接触することは可能です。ブロガーは面白いコンテンツを入手する一方、ゲーム開発会社は無料で宣伝できることにより利害関係が成立します。率直にブロガーは一般メディアに比べ新情報のニーズが高いと言えます。また、ブログはオンラインにて作用することから不特定多数の読者が絶え間なく更新を要求します。従って多くのブログはある分野に焦点を合わせたものが多いです。即ち常に新しい情報を必要としているのに対し、その情報量は非常に少ないのです。

ブロガーは実際に商品を手にし、個人的意見を持ってブログ記事を作成することから一般的なメディアに比べ第3者に大きな信頼性を与えることができます。

以上に述べた全てをまとめるとブロガーとの取り組みは低価格でありながら非常に良い宣伝効果が期待できるといえるでしょう。上手に利用するためには、まずブロガーをどのようにアプローチすれば良いのか、どのような情報やサービスを提供すれば良いのかを理解しなければなりません。それとブロガーと同じ立場に立って情報を提供することです。

比較的小規模なゲーム開発会社が実践可能なマーケティング活動のほんの一つに過ぎなませんが、上手く活用すれば確実に強力なツールになるでしょう・・・特に合わせて活用すると。コツと言ってもこれら全てはマーケティング戦略の基本に基づいた方法です。違うことと言えば技術と媒体のみです。

弊社ものこのような手法を用いて利益を得ることができました。SNSやブログといったものは近い将来に消滅するものではないので、是非とも試してみる価値はあります。

今回の記事はここまでです。次回は低価格ローカライズについてお話させて頂きたいとおもいます。今後とも宜しくお願いします!
《イバイ・アメストイ》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら