PrimeSense、3Dセンサー技術をXbox360「Project Natal」に提供 | GameBusiness.jp

PrimeSense、3Dセンサー技術をXbox360「Project Natal」に提供

その他 その他

マイクロソフトは米国現地時間2010年3月31日に、イスラエルの企業であるPrimeSense社が、Xbox360の「Project Natal(プロジェクト ナタル)」に使用される3Dセンサー技術を供給することを発表しました。

「Project Natal」は、コントローラーなどを操作しないでもテレビの前で体を動かすだけでゲームがプレイできる新周辺機器。今年1月に米国ネバダ州ラスベガス開催された「2010 International CES」 にて、2010年の年末商戦に提供開始される予定であることが発表されています。
(日本での発売時期は未定)

PrimeSense社は、家電が周囲の環境を把握、感知できるようにするセンサーと認識技術を有した世界的企業。Xbox360ハードウェア エンジニアリング チームは、同社製品の基本設計に基づいてProject Natalのセンサーを開発したとのことです。

PrimeSense社の最高経営責任者であるInon Beracha氏は「PrimeSenseの技術は、家電機器を操作する方法にパラダイム シフトをもたらします。Xbox 360への取り組みは、3Dセンサー技術の主要供給企業としてのPrimeSenseの地位を確立しました。革新的で人を引き付ける自然な体験を消費者に提供しようとする当社のビジョンを、Microsoftのようなパートナーと共有できることを、我々は特に誇らしく思います」とのコメントを寄せています。

一方Xbox360ハードウェア担当バイスプレジデントを務めるIlan Spillinger氏は、「我々は、今年の年末に予定されたProject Natalの提供開始に対して非常に強い興奮と期待を感じています。PrimeSense社は、この技術に対して重要な構成部品を供給し、コントローラーを必要としないまったく新しいエンターテイメント体験をリビングルームで実現するための支援を提供しています」とのコメントを寄せています。
《富岡昌》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら