タイトー、「OpenFeint」を自社のiPhoneゲームに順次導入 | GameBusiness.jp

タイトー、「OpenFeint」を自社のiPhoneゲームに順次導入

タイトーは、ディー・エヌ・エーが資本提携する米国Aurora Feint社が提供する「OpenFeint」をiPhone向けに販売している主要タイトルに順次導入していくと発表しました。

その他 その他
タイトーは、ディー・エヌ・エーが資本提携する米国Aurora Feint社が提供する「OpenFeint」をiPhone向けに販売している主要タイトルに順次導入していくと発表しました。

「OpenFeint」はソーシャルコミュニティ機能を容易にゲームに導入するためのミドルウェアで、一定条件をクリアするとアイテムがもらえる「アチーブメント」や、ランキング表示など、プレイヤー同士がつながるための機能を提供します。



タイトーでは本日から配信開始した最新作『スペースインベーダー インフィニティジーン Lite』で搭載するほか、既に配信中の『パズルボブル』『アルカノイド』などについても順次バージョンアップで対応していくとしています。

これによりコミュニティという付加価値を提供でき、ユーザの満足度を高めるとともに、ユーザ間の交流活性化によってゲームへの定着化を図りたいとしています。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら