ハドソン、iPhone向け3タイトルでOpenFeintを採用・・・DeNA出資のコミュニティプラットフォーム | GameBusiness.jp

ハドソン、iPhone向け3タイトルでOpenFeintを採用・・・DeNA出資のコミュニティプラットフォーム

ハドソンはiPhone向けに提供している3つのタイトルで、OpenFeintを採用すると発表しました。

その他 その他
ハドソンはiPhone向けに提供している3つのタイトルで、OpenFeintを採用すると発表しました。

OpenFeintは米Aurora Feintが開発したiPhone向けのコミュニティプラットフォームで、採用することで容易にゲームやアプリにコミュニティ機能を追加することができます。既にデベロッパーとして2500社が参加し、200以上の採用タイトルがリリースされ、約300万人に利用されています。また、モバゲータウンを運営するDeNAが20%を出資しています。

OpenFeintを採用するのは日本企業では初です。

採用タイトルは『BOMBERMAN TOUCH』『BOMBERMAN TOUCH 2』『ELEMENTAL MONSTER TD』の3タイトル。一定条件をクリアするとアイテムがもらえるアチーブメント、ゲームのスコアランキングを表示するリーダーズボードなどのコミュニティ機能が追加されます。ただし、当初は英語版のみだということです。

DeNAでは今後もモバゲータウンで培ったノウハウを積極的にOpenFeintに導入し、採用企業を増やしていきたいとしています。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら