翻訳ニュースまとめ | GameBusiness.jp

翻訳に関するニュースまとめ一覧

翻訳 最新ニュース

【CEDEC 2011】ローカライズ関係者必見、適切な翻訳支援ツールとは? 画像
その他

【CEDEC 2011】ローカライズ関係者必見、適切な翻訳支援ツールとは?

フリーランス翻訳家の矢澤竜太氏によるインタラクティブセッション「ゲーム開発現場における翻訳支援ツールの活用」は今日のゲームのローカライズでは必須となっている翻訳支援ツールに焦点を当てたものです。 長年この分野に精通し、特にゲーム関連で活躍している矢

デジタルハーツ、AGMとローカライズサービスについて業務提携 画像
その他

デジタルハーツ、AGMとローカライズサービスについて業務提携

デジタルハーツ<3620>は、11月12日より、アクティブゲーミングメディア(以下、AGM)との間で、ゲームソフトのローカライズサービスについて業務提携を行う、と発表しました。

『龍が如く』の海外版、今回も変更あり― 「速やかな翻訳のため」 画像
その他

『龍が如く』の海外版、今回も変更あり― 「速やかな翻訳のため」

セガオブアメリカのスポークスマンであるAaron Weber氏は、『龍が如く4 伝説を継ぐもの』海外版の変更点を発表しています。

良いローカライズとは・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第2回 画像
その他

良いローカライズとは・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第2回

本原稿は、ローカライズで数多くの実績のあるアクティブ・ゲーミング・メディアのイバイ・アメストイ氏による寄稿です。

ゲームローカライズのBinari Sonori、東京に続いてロサンゼルスにオフィスを開設 画像
その他

ゲームローカライズのBinari Sonori、東京に続いてロサンゼルスにオフィスを開設

ゲームのローカライズや翻訳業務を行うBinari Sonori Srlは、ミラノ(イタリア)と東京に続いて米国カリフォルニア州ロサンゼルスにオフィスをオープンしたと発表しました。

海外ゲームは字幕派と吹き替え派が拮抗・・・スパイク調査 画像
その他

海外ゲームは字幕派と吹き替え派が拮抗・・・スパイク調査

スパイクは2010年2月22日(月)、「海外ゲームタイトルのローカライズ」に関するアンケート結果を発表しました。

ローカリゼーションという仕事・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第1回 画像
その他

ローカリゼーションという仕事・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第1回

ゲーム機の性能が向上し、開発規模が肥大化した今、これまで以上に海外のゲーム市場が重視されるようになりました。その一方、でそのノウハウはゲーム業界で広く共有されているとは言い難いものがあります。新連載「ゲームウォーズ 海外VS日本」ではローカリゼーション

IGDA日本SIGグローカリゼーション 第1回研究会「コンソールゲームでの海外配信事例と、その課題」が開催決定 画像
その他

IGDA日本SIGグローカリゼーション 第1回研究会「コンソールゲームでの海外配信事例と、その課題」が開催決定

IGDA日本 グローカリゼーション部会(SIG-Glocalization)の第1回研究会「コンソールゲームでの海外配信事例と、その課題」が10月17日に開催されます。

【CEDEC 2009】文化の差はどう乗り越える!? 「日本から海外へ!−今日から役立つローカライズ技法−」 画像
その他

【CEDEC 2009】文化の差はどう乗り越える!? 「日本から海外へ!−今日から役立つローカライズ技法−」

ローカライズにおいて文化の差は、どのように乗り越えればいいのでしょうか。

【CEDEC 2009】海外重視でクローズアップされる
その他

【CEDEC 2009】海外重視でクローズアップされる"ローカライズ"〜各社が事例を基に議論

大手パブリッシャーが海外重視策をとる中で、否応なしにクローズアップされているのがローカライズの問題です。

  • 10件中 1 - 10 件を表示