中国ニュースまとめ | GameBusiness.jp

中国に関するニュースまとめ一覧

中国 最新ニュース

もっと見る
スタンドアロンVR機器「Vive Focus」が中国向けに正式発表―PC/スマホ接続不要 画像
ゲーム開発

スタンドアロンVR機器「Vive Focus」が中国向けに正式発表―PC/スマホ接続不要

HTCは北京で開催されたVive Developers Conferenceにおいて、スタンドアロンVRデバイス「Vive Focus」を中国市場向けに正式発表しました。

Mantistek製ゲーミングキーボードに無許諾キー入力監視機能が?製品データの収集目的か 画像
その他

Mantistek製ゲーミングキーボードに無許諾キー入力監視機能が?製品データの収集目的か

海外メディアTom's Hardwareは、Mantistek製のメカニカルキーボード製品にキーロガーが同意なしに内蔵されているという、ユーザーの噂について纏めた記事を公開しています。

Steam、2017年10月度調査にて中国ユーザーが記録的な激増 画像
市場

Steam、2017年10月度調査にて中国ユーザーが記録的な激増

Valveは2017年10月度のSteamユーザーのハード・ソフトウェア調査結果を発表しています。その中で、Steam中国ユーザーが記録的な増加率を示していることが明らかになっている模様です。

『PUBG』が中国で規制の動きか―「社会主義の中核価値と中国の伝統文化や道徳的ルールから大きく逸脱している」 画像
産業政策

『PUBG』が中国で規制の動きか―「社会主義の中核価値と中国の伝統文化や道徳的ルールから大きく逸脱している」

Blueholeの人気バトルロワイアルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』。ロイターは、中国にて同作に規制の動きが見られることを報じています。

【TGS2017】中国産スマホゲームの相次ぐ日本展開「進出しない理由は無い市場」 画像
市場

【TGS2017】中国産スマホゲームの相次ぐ日本展開「進出しない理由は無い市場」

東京ゲームショウ2017で期間限定イベント『中国ゲーム市場解体新書』を開催したKONGZHONG JP(コンゾン ジャパン)。本記事では、同イベントの中でも、ビジネスデイに行われたカンファレンスのレポートをお届けします。

劇場版アニメ『ソードアート・オンライン』中国で9月15日より上映決定 公開館数6,000超の大規模展開 画像
その他

劇場版アニメ『ソードアート・オンライン』中国で9月15日より上映決定 公開館数6,000超の大規模展開

劇場版『SAO -オーディナル・スケール-』が2017年9月15日より上映スクリーン数6,000館超という大規模展開で中国全土での公開が決定した。中国版の主題歌ではLiSAが「Catch the Moment」を中国語でセルフカバー。現地では公開に先駆け楽曲の配信が開始された。

アニメ映画「聲の形」9月より中国3000館規模で公開決定 画像
その他

アニメ映画「聲の形」9月より中国3000館規模で公開決定

2016年、全国120館規模ながら興行収入23億円を記録し、邦画興行収入ランキング10位にランクインした映画『聲の形』。2017年9月8日より中国3000館での公開が決定した。現地の人気歌手を起用してイメージソングを作成するなど宣伝活動にも力が入っている。

テンセントが中国でe-Sports地域活動を展開、「ゲーム大学」など予定 画像
企業動向

テンセントが中国でe-Sports地域活動を展開、「ゲーム大学」など予定

中国の大手IT企業テンセント(Tencent)は、安徽省蕪湖市でe-Sportsをテーマにした地域活動を行い、「ゲーム大学」を始めとした施設を展開していくと発表しました。

『マインクラフト』中国展開がスタート、北京国家水泳センターが『マイクラ』色に染まる 画像
市場

『マインクラフト』中国展開がスタート、北京国家水泳センターが『マイクラ』色に染まる

Mojangは、世界的人気を誇るサンドボックスゲーム『マインクラフト』の中国市場進出を告げるイベントを実施し、中国向けクローズドベータテストを開始しました。

中国、韓国製ゲームの発売を禁止か―ネクソンなど大手が影響受ける 画像
市場

中国、韓国製ゲームの発売を禁止か―ネクソンなど大手が影響受ける

海外メディアより、中国が韓国内で開発されたゲームタイトルの発売を禁止している、と報じられています。

『ポケモンGO』中国の配信は保留状態―国家レベルで安全上の懸念 画像
市場

『ポケモンGO』中国の配信は保留状態―国家レベルで安全上の懸念

ロイター通信社および海外メディアの報道より、ナイアンティックの人気モバイルゲーム『ポケモンGO』を始めとしたAR作品の中国向けリリースが保留状態にあると伝えられています。

中国にてルートボックスやガチャの内容・排出率の表記が義務付けへ 画像
市場

中国にてルートボックスやガチャの内容・排出率の表記が義務付けへ

昨今のオンラインゲームではその規模の大小を問わずお馴染みとなったガチャやルートボックス。これらの内容・排出率の表記を義務付ける法律が中国にて成立した模様です。

CRI・ミドルウェア、SIE主導の中国ゲーム開発サポートプロジェクト「China Hero Project」に参画を発表 画像
企業動向

CRI・ミドルウェア、SIE主導の中国ゲーム開発サポートプロジェクト「China Hero Project」に参画を発表

CRI・ミドルウェアは、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアが主導する、中国ゲーム開発サポートプロジェクト「China Hero Project」に参画すると発表しました。

Happy Elements、『あんさんぶるスターズ!』をTencentプラットフォームで中国展開 画像
市場

Happy Elements、『あんさんぶるスターズ!』をTencentプラットフォームで中国展開

Happy Elements Holdingsは、iOS/Androidアプリ『あんさんぶるスターズ!』の中国展開を発表しました。

中国国内のデジタルコンテンツ配信規制が強化―政府管理体制の強化が狙いか 画像
産業政策

中国国内のデジタルコンテンツ配信規制が強化―政府管理体制の強化が狙いか

近年、中国国内で従事するソフトウェア企業に向けて、ソースコードやノウハウの開示を迫るなど、規制を高めつつある中国政府。そんな規制に新たな一文が加わり、ゲームを含めた国内外のデジタルコンテンツ企業は新しい方針を迫られています。

中国『モンスターハンターオンライン』最終テストが11月27日に開始、最新映像も公開 画像
市場

中国『モンスターハンターオンライン』最終テストが11月27日に開始、最新映像も公開

中国のオンラインメーカーTencentとカプコンが共同開発している、PC向けオンラインゲーム『モンスターハンターオンライン』の最終テストの開始日が11月27日に決定しました。

中国の投資が進む韓国のコンテンツ産業 アジア共同市場形成の未来はあるか 画像
その他

中国の投資が進む韓国のコンテンツ産業 アジア共同市場形成の未来はあるか

Japan Content Showcase 2015が10月20日から22日まで東京・台場で開催された。22日には日本動画協会主催セミナー『韓国映像コンテンツ産業とアジア』が開かれた。

コナミ、中国市場に向けモバイルゲーム『魂斗羅』最新作を配信―テンセントと協業で 画像
市場

コナミ、中国市場に向けモバイルゲーム『魂斗羅』最新作を配信―テンセントと協業で

コナミデジタルエンタテインメントは、1987年にアーケードゲームとして登場して以来、人気を継続してきたアクションシューティングゲーム『魂斗羅』シリーズの最新作を、中国のインターネットサービス大手テンセントと協業で、中国市場向けに配信します。

スクウェア・エニックスが中国向けにマンガ本格配信 16作品を日中同時展開、2年間無料 画像
その他

スクウェア・エニックスが中国向けにマンガ本格配信 16作品を日中同時展開、2年間無料

スクウェア・エニックスが、マンガでの中国進出を本格化させる。NetEase(網易)と協業して、10月28日より自社マンガタイトルの電子版の中国向けに配信を順次スタートする。

【CEDEC 2015】中国そしてASEANへの進出、成功の決め手についてAimingと崑崙が語り合った!  画像
市場

【CEDEC 2015】中国そしてASEANへの進出、成功の決め手についてAimingと崑崙が語り合った! 

アジア展開ひねもすのたりのたりかな。過去10年間、よせては返す波のように日本企業のアジア進出と撤退が繰り返されてきました。

  • 145件中 1 - 20 件を表示
  • 次へ