バーチャルリアリティのニュース記事一覧(2 ページ目) | ゲーム開発 | GameBusiness.jp

ゲーム開発 バーチャルリアリティニュース記事一覧(2 ページ目)

モバイルVRの発展ねらう―統合型開発環境「Vroom」を手がけるワンダーリーグ代表インタビュー 画像
ゲーム開発

モバイルVRの発展ねらう―統合型開発環境「Vroom」を手がけるワンダーリーグ代表インタビュー

Samsung社Gear VRやGoogle社Daydream Viewなど各社プラットフォームの充実に比例する形で、急速に拡大してきたモバイルVR分野において、世界的にも初となる「プラットフォームを問わないVRコンテンツの開発環境」を開発した株式会社ワンダーリーグ。

開発向け「Viveトラッカー」が国内販売開始―物体取付トラッキングデバイス 画像
ゲーム開発

開発向け「Viveトラッカー」が国内販売開始―物体取付トラッキングデバイス

HTCは、開発者向け「Viveトラッカー」をVive.comにて国内販売しました。

視線認識搭載型HTC Viveが公開、OpenVRでも視線認識技術が利用可能に 画像
ゲーム開発

視線認識搭載型HTC Viveが公開、OpenVRでも視線認識技術が利用可能に

海外メディアShacknewsは、Valveが、2017年2月27日よりアメリカ・サンフランシスコにて開催されているGame Developers Conference 2017にて、VR用ヘッドマウントディスプレイ「HTC Vive」の視線認識を搭載した新型プロトタイプを発表すると報じています。

ソニー、VR用トラッキングシステムの新特許を出願―HTC Viveのようなルームスケールを実現? 画像
ゲーム開発

ソニー、VR用トラッキングシステムの新特許を出願―HTC Viveのようなルームスケールを実現?

ソニー・インタラクティブエンタテインメントが、VR用トラッキングシステムの新たな特許を出願していることを、複数の海外メディアが報じています。

ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用 画像
ゲーム開発

ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

イードは、VR技術を用いた「トキメキメテオ」シリーズを2017年春より展開すると発表しています。

【インタビュー】『バイオハザード7』の恐怖を支えた新技術が凄い ― 写真から3Dモデルを生成、各キャラには実在モデルが居た 画像
ゲーム開発

【インタビュー】『バイオハザード7』の恐怖を支えた新技術が凄い ― 写真から3Dモデルを生成、各キャラには実在モデルが居た

ついにカプコンのサバイバルホラー「バイオハザード」シリーズ最新作『バイオハザード7 レジデントイービル』が発売されました。

Production I.G製作スタッフが明かす、『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』誕生までの道―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第45回 画像
ゲーム開発

Production I.G製作スタッフが明かす、『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』誕生までの道―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第45回

2016年は「VR元年」といわれ、本コラムでも後半の4回は全てVR関連になっていたことからゲーム業界のVRに対する高まりが如何に高かったかを示しています。

Oculus、VR技術巡る裁判でZeniMaxに5億ドルの賠償金支払いへ【UPDATE】 画像
その他

Oculus、VR技術巡る裁判でZeniMaxに5億ドルの賠償金支払いへ【UPDATE】

VRデバイス「Oculus Rift」で知られるOculusは、ZeniMax Mediaとの技術盗用を巡る裁判において、陪審員から5億ドル(約566億円)の賠償金支払いを命じられました。

20世紀Foxがゲーム部門「FoxNext」を設立―「猿の惑星」のVRタイトルなど予定 画像
企業動向

20世紀Foxがゲーム部門「FoxNext」を設立―「猿の惑星」のVRタイトルなど予定

海外サイトHollywood Reporterは、数々の映画の配給で知られる20世紀フォックス映画が、ゲーム部門となる「FoxNext」を設立することを報告しています。

新作「エイリアン」映画のVR体験が制作決定!リドリー・スコット自らプロデュースか 画像
ゲーム開発

新作「エイリアン」映画のVR体験が制作決定!リドリー・スコット自らプロデュースか

2017年5月19日に全米公開予定の人気映画シリーズ最新作「Alien: Covenant」。本作を基にしたVR体験の制作が決定した、と海外メディアより伝えられています。

VRエンターテインメントのカジュアル化がいよいよアートシーンをも賑わす~製紙会社企画担当とアーティストによる取組み―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第44回 画像
ゲーム開発

VRエンターテインメントのカジュアル化がいよいよアートシーンをも賑わす~製紙会社企画担当とアーティストによる取組み―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第44回

2016年10月22日~23日、インデックス大阪でハンドメイド&イラストの祭典、第11回art Diveが開催されました。今回はこのイベントに出展したanimaVRの開発者、前野大喜さんと上田陽生さんとのインタビューを中心に、当日の模様やその後の同チームの展開について確認しました。

【レポート】「VR元年に何が起こったのか?」―SIE吉田修平氏、新清士氏らパネルで語る 画像
ゲーム開発

【レポート】「VR元年に何が起こったのか?」―SIE吉田修平氏、新清士氏らパネルで語る

Mogura VRとHIPは12月21日、都内にて「『VR元年に何が起こったのか?』2016年のVR業界を総括的検証」というタイトルのイベントを開催しました。

「ニンテンドースイッチ」の海外特許情報からVR関連と思われるアクセサリ発見 画像
ゲーム開発

「ニンテンドースイッチ」の海外特許情報からVR関連と思われるアクセサリ発見

独特な形状と機能から注目を集めている任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」ですが、海外フォーラムNeoGAFのユーザーが米国特許商標庁のデータベースから多数の特許情報を発掘。

サイバーエージェント、VR関連事業を行う子会社VR Agentを設立 画像
企業動向

サイバーエージェント、VR関連事業を行う子会社VR Agentを設立

株式会社サイバーエージェントは、VR関連事業を行う連結子会社、株式会社VR Agentを、2016年12月1日(木)に設立したと発表しました。

Oculus RiftがXbox Oneのストリーミングに対応決定―Win 10向けに 画像
企業動向

Oculus RiftがXbox Oneのストリーミングに対応決定―Win 10向けに

Microsoftは、VRヘッドセットOculus RiftでXbox Oneのストリーミングを可能にする無料アプリを海外向けに発表しました。

マイクロソフトのVRヘッドセット最低動作環境が明らかに 画像
ゲーム開発

マイクロソフトのVRヘッドセット最低動作環境が明らかに

マイクロソフトは299ドルからの新たなVRヘッドセットを告知していますが、このヘッドセットの最低動作環境が、Windows 10の最新のテストビルドから明らかになっているようです。

『Linked-Door Loves Space Channel 5』開発者らに訊くVRコンテンツのリッチ化―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第43回 画像
ゲーム開発

『Linked-Door Loves Space Channel 5』開発者らに訊くVRコンテンツのリッチ化―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第43回

PlayStationVRも無事発売され、一般の家庭にもVR用HMDが届き始めていますが、実際、VRの活用用途はゲーム以外にも広がりそうな勢いです。

韓国ゲーム市場の行方とは―SIEJA織田博之インタビュー 画像
ゲーム開発

韓国ゲーム市場の行方とは―SIEJA織田博之インタビュー

先日開催されたG-STAR 2016にて、SIEJAデピュティプレジデント(アジア統括)織田 博之氏へのインタビューを実施、今後の韓国ゲーム市場の行方について話を伺ってきました。

【Japan VR Summit 2】VRとARはゲームからさまざまな産業へ...世界の投資家が注目する現状語る 画像
ゲーム開発

【Japan VR Summit 2】VRとARはゲームからさまざまな産業へ...世界の投資家が注目する現状語る

11月16日、東京のロイヤルパークホテル水天宮を会場に「Japan VR Summit 2」が開催されました。「VR/ARはゲーム/エンタメから各産業へ花開く」と題されたセッションでは、VR/ARのゲーム・エンターテイメント以外の産業での可能性が語られました。

【Japan VR Summit 2】国内VR事業先駆者が語る、VRアトラクションのメリットと残された課題 画像
ゲーム開発

【Japan VR Summit 2】国内VR事業先駆者が語る、VRアトラクションのメリットと残された課題

東京のロイヤルパークホテル水天宮にて、11月16日、VRイベント「Japan VR Summit 2」が開催。アミューズメントやテーマパークでVRコンテンツを手掛けてきたキーマンによるセッションでは、どのような成果を得て、どのような課題に気づかされたかが語られました