Oculus JapanがFacebookアカウント停止問題について対策等をツイート―実名での登録を呼びかけ | GameBusiness.jp

Oculus JapanがFacebookアカウント停止問題について対策等をツイート―実名での登録を呼びかけ

2020年10月よりOculus機器の新規利用にはFacebookアカウントが必須になっています。

ゲーム開発 VR
Oculus JapanがFacebookアカウント停止問題について対策等をツイート―実名での登録を呼びかけ
  • Oculus JapanがFacebookアカウント停止問題について対策等をツイート―実名での登録を呼びかけ

Oculus Japanは10月13日に発売予定のスタンドアロンVR「Oculus Quest 2」に関連して、Facebookアカウントの作成時の注意点を公表しました。

Oculusは、2020年10月より同社のVR機器の新規利用にFacebookアカウントでのログインが必要になると発表しており、「Oculus Quest 2」を新規で購入予定のユーザーはFacebookアカウントを所有する必要があります。ところが新規でアカウントを作成した場合、作成後すぐにアカウントが停止されるという事例が多数報告され、Oculus Japan公式Twitterが対応策を公表することになりました。


ツイートによると、Facebookアカウントの停止を回避するには、実名と正しい生年月日を登録し、Facebookのコミュニティ基準に従って通常通りのアカウント使用をする必要があるとのこと。また、VRゲーム等で実名を公表したくない場合には、友達からも実名を見られないように設定することができるとしています。


しかし、実名や正しい生年月日を入力したにも関わらずアカウントを停止されたという報告も相次いでおり、特に「Oculus Quest 2」を購入予定の方は今後のOculus及びFacebookの対応を注視していく必要がありそうです。
《kamenoko@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら