業績のニュース記事一覧 | 企業動向 | GameBusiness.jp

企業動向 業績ニュース記事一覧

『トライブナイン』が試金石、アカツキは200億円の大型投資で殻を破れるか【ゲーム企業の決算を読む】 画像
企業動向

『トライブナイン』が試金石、アカツキは200億円の大型投資で殻を破れるか【ゲーム企業の決算を読む】

アカツキの2023年3月期上半期の売上高は前年同期間比1.8%増の128億7,000万円、営業利益は同1.6%増の37億7,700万円でした。

『メメントモリ』ヒットのバンク・オブ・イノベーション、2023年9月期の業績見通しは?【ゲーム企業の決算を読む】 画像
企業動向

『メメントモリ』ヒットのバンク・オブ・イノベーション、2023年9月期の業績見通しは?【ゲーム企業の決算を読む】

『メメントモリ』の大ヒットで、バンクオブイノベーションの株価が急騰。2022年10月18日の安値2,822円から、11月1日に一時5.8倍となる16,300円をつけました。ゲーム企業の中でもとりわけ注目度の高いバンクオブイノベーションが11月14日に通期決算を発表しました。

gumiは『乃木フラ』『ラグナド』『ブレフロ』の失敗から立ち直れるか?【ゲーム企業の決算を読む】 画像
企業動向

gumiは『乃木フラ』『ラグナド』『ブレフロ』の失敗から立ち直れるか?【ゲーム企業の決算を読む】

gumiの2023年4月期第1四半期は、1億6,300万円の営業利益での着地となりました。前年同期間は5億9,600万円の営業損失を計上しており、黒字化を果たしました。

従業員削減のリストラ効果も限定的か?業績伸び悩むマーベラス【ゲーム企業の決算を読む】 画像
企業動向

従業員削減のリストラ効果も限定的か?業績伸び悩むマーベラス【ゲーム企業の決算を読む】

オンラインゲームやアニメソングの企画制作を行うマーベラスが、2022年10月31日に上期の決算を発表しました。2023年3月期第2四半期の売上高は前期比10.1%減の115億4,600万円、営業利益は同38.8%減の17億7,400万円となり、減収減益での上期通過となりました。

カプコンPC向け展開が好調、直近決算のCS販売本数の約50%がPC版に―旧作を中心に伸長 画像
企業動向

カプコンPC向け展開が好調、直近決算のCS販売本数の約50%がPC版に―旧作を中心に伸長

PC版販売本数の伸びに貢献した旧作売り上げについては22%の増加と発表し、通期計画は順調としています。

グリーが2023年6月期第1四半期の決算を発表―『ヘブバン』が好調に推移するも前年の反動で減収減益 画像
企業動向

グリーが2023年6月期第1四半期の決算を発表―『ヘブバン』が好調に推移するも前年の反動で減収減益

今年度の利益は安定して推移するものの、前年度のヒットの反動で今後も減益になるという見通しが示されました。

セガは2026年3月期までに“グローバルでスケールする大型タイトル”の創出をめざす 画像
企業動向

セガは2026年3月期までに“グローバルでスケールする大型タイトル”の創出をめざす

『ペルソナ5』シリーズの全世界累計販売本数722万本のうち、海外売上比率は77%に。

自社開発『アリスフィクション』リリースするも広告費が膨張…ワンダープラネットの業績に暗雲立ち込める【ゲーム企業の決算を読む】 画像
企業動向

自社開発『アリスフィクション』リリースするも広告費が膨張…ワンダープラネットの業績に暗雲立ち込める【ゲーム企業の決算を読む】

2022年7月27日に配信を開始した『アリスフィクション』の運営会社ワンダープラネットの業績が急悪化しました。

『ラピスリライツ』の失敗だけじゃない、KLabが苦境に陥っている理由【ゲーム企業の決算を読む】 画像
企業動向

『ラピスリライツ』の失敗だけじゃない、KLabが苦境に陥っている理由【ゲーム企業の決算を読む】

KLabが2022年12月期第2四半期に3億4,200万円の純損失を計上しました。

成長性が失われたコロプラはマーケティング出身の社長で既存IPを活かせるか【ゲーム企業の決算を読む】 画像
企業動向

成長性が失われたコロプラはマーケティング出身の社長で既存IPを活かせるか【ゲーム企業の決算を読む】

コロプラの2022年9月期も減収減益での着地が濃厚となりました。現実のものとなると、2期連続で業績を落とすことになります。

グリーは『へブンバーンズレッド』の成功でヒット量産に弾みがつくか?【ゲーム企業の決算を読む】 画像
企業動向

グリーは『へブンバーンズレッド』の成功でヒット量産に弾みがつくか?【ゲーム企業の決算を読む】

低迷していたグリーの業績に光明が差しました。

元官僚をCEOに起用、業績安定を目指すディー・エヌ・エーは低収益の病へ【ゲーム企業の決算を読む】 画像
企業動向

元官僚をCEOに起用、業績安定を目指すディー・エヌ・エーは低収益の病へ【ゲーム企業の決算を読む】

スマートフォン用ゲームの開発・配信を行うディー・エヌ・エーの2023年3月期第1四半期の売上収益は前期比2.1%増の347億7,300万円となったものの、営業利益は同27.5%減の39億6,400万円となりました。第1四半期は増収減益での着地。

『ニンジャラ』『パズドラ』失速のガンホーは豊富な現金を投資に回すフェーズに突入か【ゲーム企業の決算を読む】 画像
企業動向

『ニンジャラ』『パズドラ』失速のガンホーは豊富な現金を投資に回すフェーズに突入か【ゲーム企業の決算を読む】

ガンホー・オンライン・エンターテイメントが長年培ってきた、『パズル&ドラゴンズ』の施策効果が薄れています。

「アラド戦記」の中国人気が失速?ネクソンは成長鈍化局面に突入か【ゲーム企業の決算を読む】 画像
企業動向

「アラド戦記」の中国人気が失速?ネクソンは成長鈍化局面に突入か【ゲーム企業の決算を読む】

「アラド戦記」や「メイプルストーリー」など、中国・韓国を中心にヒットタイトルを手掛けるネクソン。業績は堅調なものの、成長を支える「アラド戦記」の人気に陰りが出てきました。

サイバーエージェントとのガチンコ勝負、ミクシィのゲームから公営競技へのピボットは成功するか?【ゲーム企業の決算を読む】 画像
企業動向

サイバーエージェントとのガチンコ勝負、ミクシィのゲームから公営競技へのピボットは成功するか?【ゲーム企業の決算を読む】

ミクシィが公営競技事業とスポーツ観戦事業の収益化を急いでいます。

中国市場を捉えて業績好調のコーエーテクモ―『仁王』の横展開でもう一儲けできるか【ゲーム企業の決算を読む】 画像
企業動向

中国市場を捉えて業績好調のコーエーテクモ―『仁王』の横展開でもう一儲けできるか【ゲーム企業の決算を読む】

コーエーテクモホールディングスの好調ぶりが際立っています。

『ウマ娘』で劇的に変わったサイバーエージェントの財務状況―M&Aでヒットタイトルを手にする日はくるか【ゲーム企業の決算を読む】 画像
企業動向

『ウマ娘』で劇的に変わったサイバーエージェントの財務状況―M&Aでヒットタイトルを手にする日はくるか【ゲーム企業の決算を読む】

『ウマ娘』はサイバーエージェントの財務状況を劇的に変化させました。それに伴って新たな動きを加速しようとしています。

『ELDEN RING』世界累計1,660万本突破!貢献続きバンナムHD第1四半期としては過去最高業績に 画像
企業動向

『ELDEN RING』世界累計1,660万本突破!貢献続きバンナムHD第1四半期としては過去最高業績に

今後も『ELDEN RING』のロングライフ化のためにさまざまな施策を行っていくとのことです。

好スタートを切ったセガサミーに早くも暗雲?足を引っ張るのはやはりアレだった【ゲーム企業の決算を読む】 画像
企業動向

好スタートを切ったセガサミーに早くも暗雲?足を引っ張るのはやはりアレだった【ゲーム企業の決算を読む】

2021年4月1日からCEOが創業者・里見治氏の長男・里見治紀氏となり、新体制のスタートを切ったセガサミーホールディングス。2023年3月期の業績に早くも翳りが見え始めました。

ネットマーブルが2022年第2四半期の業績を報告―売上高は659億円、EBITDA 21億円、営業損失は35億円を記録 画像
企業動向

ネットマーブルが2022年第2四半期の業績を報告―売上高は659億円、EBITDA 21億円、営業損失は35億円を記録

2022年7月28日にリリースされたばかりの『セブンナイツ レボリューション』ほか、年内中にさらに6タイトルを投入することで、ここから漸進的に実績改善を成しとげられるとしています。

  • 207件中 1 - 20 件を表示
  • 次へ