「シーグラフアジア2021:コンピュータ・アニメーション・フェスティバル」の優秀作品4本が発表 | GameBusiness.jp

「シーグラフアジア2021:コンピュータ・アニメーション・フェスティバル」の優秀作品4本が発表

その年の最も優れたコンピュータグラフィックス/インタラクティブテクニック作品を上映する「コンピュータ・アニメーション・フェスティバル(CAF)」の、優秀作品4本が運営事務局より発表されました。

その他 イベント
「シーグラフアジア2021:コンピュータ・アニメーション・フェスティバル」の優秀作品4本が発表
  • 「シーグラフアジア2021:コンピュータ・アニメーション・フェスティバル」の優秀作品4本が発表
  • 「シーグラフアジア2021:コンピュータ・アニメーション・フェスティバル」の優秀作品4本が発表
  • 「シーグラフアジア2021:コンピュータ・アニメーション・フェスティバル」の優秀作品4本が発表
  • 「シーグラフアジア2021:コンピュータ・アニメーション・フェスティバル」の優秀作品4本が発表
  • 「シーグラフアジア2021:コンピュータ・アニメーション・フェスティバル」の優秀作品4本が発表

12月14日より東京国際フォーラムで開催予定の「シーグラフアジア2021(SIGGRAPH Asia 2021)」ですが、本学会内で行われる、その年の最も優れたコンピュータグラフィックス/インタラクティブテクニック作品を上映する「コンピュータ・アニメーション・フェスティバル(CAF)」の、優秀作品4本が運営事務局より発表されました。

「コンピュータ・アニメーション・フェスティバル(CAF)」優秀作品4本が発表


CAFは、その年のもっとも優れた作品を世界中の学生作品からプロのプロジェクトまで幅広く募集し審査を経て上映するもので、今年もテクノロジーを駆使した最新の魅力的なビジュアルアートをご紹介します。

CAFは、501本のアニメーション作品の中から審査員によって選ばれた4本の受賞作品を決定しました。また、今年は初めて「BEST STUDENT PROJECT」部門で同点となり、CAF受賞者上映では4本の受賞作品を発表しました。また、業界を代表する国際審査員により、エレクトロニックシアター上映では上位16作品、アニメーションシアター上映では上位19作品が選ばれました。CAFのチェアを務めるダン・サルト(Dan Sarto)氏は、次のように述べています。

「今年もアジアをはじめとする世界中のアーティストから、素晴らしい作品が集まりました。CAFの受賞作品をはじめ、エレクトロニックシアターとアニメーションシアターの上映作品は、信じられないほど多様で才能あるアーティストたちの最新の革新的な作品です。審査員の方々のご協力により、35本の短編アニメーションやコマーシャルなど、素晴らしいアニメーション作品がそろったので、東京会場とオンラインの両方でご覧いただけます。受賞者の皆様、そして作品を提供してくださった皆様、本当におめでとうございます。」

今年のCAFの予告編はこちらでご覧いただけます。



▼BEST IN SHOW:Twenty Something


  • ディレクター
    Aphton Corbin
  • プロデューサー
    Erik Langley
  • 製作会社
    Pixar Animation Studios
  • 製作国
    アメリカ
  • 作品について
    大人になるのは難しいことです。順調な日もあれば、トレンチコートに隠れて誰にも気づかれないようにしている子供のような日もあります。21歳の誕生日の夜、Giaはまさにこのシナリオに陥ってしまいます。これは、大人になることの不安と、私たちは皆、成功するまでそれを装っているのだということを描いた物語です。本作品は、ピクサー・アニメーション・スタジオのSparkShortsプログラムの一環として製作されました。
  • 予告編
    https://www.youtube.com/watch?v=eSjPQKdG8pk

▼BEST STUDENT PROJECT:Le Retour des Vagues


  • ディレクター
    Manon Cansell、Alejandra Guevara Cervera、Edward Kurchevsky、Francisco Moutinho de Magalhaes、Hortense Mariano
  • プロデューサー
    Moira Marguin
  • 学校
    Gobelins、L'Ecole de L'Image
  • 製作国
    フランス
  • 配給
    Miyu Distribution
  • 作品について
    過去との再会を求めて故郷に戻ってきた青年は、完全に時が止まった場所に遭遇します。慣れ親しんだ街並みの中で、記憶に惑わされながらも、かつて置き去りにしたものと向き合っていくことになります。
  • 予告編
    https://www.youtube.com/watch?v=p1d4zBHmZ0c

▼BEST STUDENT PROJECT:Les larmes de la Seine


  • 監督
    Yanis Belaid、Eliott Benard、Nicolas Mayeur、Etienne Moulin、Hadrien Pinot、Lisa Vicente、Philippine Singer、Alice Letailleur
  • プロデューサー
    Carlos De Carvalho
  • 学校
    Pole 3D
  • 製作国
    フランス
  • 作品について
    1961年10月17日、“アルジェリア人労働者”は、パリ警視庁が課した強制的な外出禁止令に抗議するため、街に繰り出しました。
  • 予告編
    https://www.youtube.com/watch?v=Ilk2kEbA4U4

▼JURY SPECIAL:Only a Child


  • 監督
    シモーネ・ジャンパオロ
  • プロデューサー
    ガブリエラ・デ・ガーラ
  • 制作会社
    Amka Films アムカ・フィルムズ、RSIラジオテレヴィジョン・ズヴィッツェーラ、SRG SSR
  • 製作国
    イギリス、スイス
  • 作品について
    Only a Childは、シモーネ・ジャンパオロ芸術監督のもと、20名以上のアニメーション監督が制作した映像詩です。1992年にリオ・デ・ジャネイロで開催された国連サミットで、カナダの環境問題活動家であるセヴァン・カリス=スズキが語った、地球の未来のために子供が必死になって行動を呼びかけた言葉を、形と色で表現しています。若者の環境保護活動の30年を記念したオムニバス映画です。
  • 予告編
    https://www.youtube.com/watch?v=po0GGQXaGGg
《Ten-Four》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら