任天堂『あつ森』牽引した前年同期と比較して減収減益―半導体不足でスイッチは減産 | GameBusiness.jp

任天堂『あつ森』牽引した前年同期と比較して減収減益―半導体不足でスイッチは減産

任天堂は「2022年3月期第2四半期 決算説明資料」を公開しました。

企業動向 業績
任天堂『あつ森』牽引した前年同期と比較して減収減益―半導体不足でスイッチは減産
  • 任天堂『あつ森』牽引した前年同期と比較して減収減益―半導体不足でスイッチは減産
  • 任天堂『あつ森』牽引した前年同期と比較して減収減益―半導体不足でスイッチは減産
  • 任天堂『あつ森』牽引した前年同期と比較して減収減益―半導体不足でスイッチは減産
  • 任天堂『あつ森』牽引した前年同期と比較して減収減益―半導体不足でスイッチは減産
  • 任天堂『あつ森』牽引した前年同期と比較して減収減益―半導体不足でスイッチは減産
  • 任天堂『あつ森』牽引した前年同期と比較して減収減益―半導体不足でスイッチは減産

任天堂は「2022年3月期第2四半期 決算説明資料」を公開しました。

決算説明資料によると、2021年4月~9月の売上高は前年同期比18.9%減の6,242億円、営業利益は24.5%減の2,199億円、経常利益は20.6%減の2,362億円になりました。

ニンテンドースイッチでは、『ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』が360万本の販売を記録したほか、『New ポケモンスナップ』が219万本、『マリオゴルフ スーパーラッシュ』が194万本と、当期に発売されたタイトルがそれぞれ順調に販売を伸ばしたことに加え、『マリオカート8 デラックス』が334万本(累計販売本数3,874万本)、『あつまれ どうぶつの森』が222万本(累計販売本数3,485万本)の販売を記録するなど、前期以前に発売したタイトルも好調な販売状況が続いているとのこと。

ゲーム専用機ビジネスの売上高は前年同期比19.5%減の5,974億円。当期は『あつまれ どうぶつの森』がニンテンドースイッチビジネス全体を大きくけん引していた前年同期と比較して減収減益となったものの、上期としては、売上、利益ともに引き続き高水準であり、業績は概ね想定通りに推移しているとのことです。

ゲーム専用機におけるデジタルビジネスでは、主にニンテンドースイッチのダウンロード専売ソフトやNintendoSwitch Onlineによる売上が順調に推移したものの、パッケージ併売ダウンロードソフトの売上が減少。デジタル売上高は1,442億円(前年同期比15.9%減)に。

また、通期のニンテンドースイッチハードウェアの予想販売数量を、期初予想に対して150万台減の2,400万台に修正。半導体部品等の世界的な需給ひっ迫による影響を受け生産計画を見直したことに伴い、下期の出荷予定台数を引き下げたとのこと。一方、ニンテンドースイッチのソフトウェアは、上期の販売実績を考慮して、1,000万本増の2億本に変更が行われています。

なお、今後については、「Nintendo Switch」「Nintendo Switch Lite」「Nintendo Switch(有機ELモデル)」の販売拡大を目指すとともに、『メトロイド ドレッド』『マリオパーティ スーパースターズ』の発売に続き、『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』『Pokémon LEGENDS アルセウス』などの新規タイトルに加え、発売済みの人気タイトルの販売を強化。さらに新しい料金プラン『Nintendo Switch Online + 追加パック』を追加することで、サービスの充実を図りプラットフォームの活性化を目指すとしています。

《H.Laameche@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら