【調査中】サマーセール前の大惨事……決済トラブルでSteamアカウントがロック!問題は広く発生か | GameBusiness.jp

【調査中】サマーセール前の大惨事……決済トラブルでSteamアカウントがロック!問題は広く発生か

Steamにて特定日付のクレカ決済でアカウントロックされる問題が多数発生している模様。不運にも被害にあった筆者が状況をお伝えします。

市場 デジタル流通
Matt Cardy/Getty Images News/ゲッティイメージズ
  • Matt Cardy/Getty Images News/ゲッティイメージズ
  • 【調査中】サマーセール前の大惨事……決済トラブルでSteamアカウントがロック!問題は広く発生か
  • 【調査中】サマーセール前の大惨事……決済トラブルでSteamアカウントがロック!問題は広く発生か
  • 【調査中】サマーセール前の大惨事……決済トラブルでSteamアカウントがロック!問題は広く発生か
  • 【調査中】サマーセール前の大惨事……決済トラブルでSteamアカウントがロック!問題は広く発生か
  • 【調査中】サマーセール前の大惨事……決済トラブルでSteamアカウントがロック!問題は広く発生か

PCゲームをプレイする上で欠かせないとまで言い切れるようになり10年近く経つSteamクライアント。ですが、世界各国において2021年6月6日から7日に購入したゲームや課金が原因でアカウントがロックされている状況が起きているようです。今回、運悪く筆者もこの問題に巻き込まれてしまったため、問題の概要と状況についてをより詳しくお届けいたします。


本件については、記事執筆現在もサポートからの連絡待ちとなっており、状況に変化があり次第続報も予定しております。


ことの始まりは6月6日


騒動の始まりは6月6日の21時40分頃、仕事を終えてMACからWindows環境に戻った時。Steamクライアントに見慣れたアカウント警告が発生したことから始まります。「見慣れた」という所に引っかかる読者の方もいらっしゃるでしょうが、実はこれはゲームライターあるあるの一つ。レビュー用のゲームキーをいただいた際、メーカーさんによっては後日にキーの無効化を行うケースがあり、その際にはまるでこちらが悪いことでもしたかのようにキーが取り消されたという「警告」が発生するのです。(正直、毎回心臓に悪いです)


「今回も何かのキーが無効化されたのかな?」と、そのときは軽い気持ちでした。ですが普段のキー無効化では黄色の警告表示になるところが、赤く表示されており、なおかつゲーム名は普通に購入したゲームなので理解が出来ない上、続いて書かれていたのは「アカウントがロックされる」という、こちらも見たことが無い文面。


そこで、「アカウントロック」はどういう現象なのかと確認したところ……。


「VACBANレベルの措置で普通にマズいやつやんこれ・・・」


  • VACBANとは
    Steamにおけるゲームで不正行為を行ったユーザーに対して行う最上位の処罰。VAC検出記録という赤い文字がプロフィールに表示され、Steamの主要機能(購入など)が一切使えなくなります。過去に購入したゲームなどはプレイ可能ですが、主要なゲームのマルチプレイはできないようになり不正行為者として一生データが残ることになります。



口をついて出た言葉と共にその後は大慌て。早速クレジットカードの緊急連絡先に決済状況を確認し、電話口で該当日とチャージバックの日付を伝え決済がどうなっているかを確認しました。


結果として、



  • 決済は問題なく行われている。


  • チャージバック(返金)の連絡は届いていない。


  • セキュリティでロックされてはいない。


  • 不審な支払いに対しての事前のセキュリティも発生していない。




とご丁寧なお返事を頂いたためSteamサポートにその旨を送信。とはいえ、返事が届くまでに時間がかかることは間違いないので6月10日にはカードのサポートデスクにもう一度電話を行い、上記と同じ返答に加え「VISAの国際窓口宛でも実際の対応窓口自体は変わらない」と、ご丁寧な返答を頂いたためカード側には問題が無いと判断するしかない状態になっているのが現状です。


一縷の望みを信じて


この現象の早期の解決を目指し、筆者は一縷の希望を持って日本の決済元であるデジカ様に問い合わせを行いましたが、こちらは国内向けの決済方法である「クレジットカード(国内利用)」を含むKomoju(支払いシステム)以外で決済された場合は、サポート対象外で確認すら行えないとのこと。また、チャージバックのお問い合わせやValveから連絡は来ていないかも伺いましたが、デジカ様の方でも、そういった連絡は受けていないとのことでした。


この問題が解決したら私も国内利用に切り替えて使おうと思います。項目が増えているのは知っていましたが、VISAなどでも同じだと思っていたので一つ勉強になりました。


その後、6月11日の現執筆段階でも特に動きは無く、TwitterやSteamのコミュニティフォーラムでも数多く同様のトラブルの報告がありますがサポートから返答があったという書き込みもありません。


本記事を読まれている方にもチャージバック問題に遭われていらっしゃる方も少なからずいらっしゃるかと思いますが、状況によっては、ご自身の信用問題があるため一先ずはカード会社に連絡を行って決済状況を確認された方がよろしいかとは思います。




え、「しばらくゲームが買えないだけじゃない」?


いえいえ、とんでもない。筆者としては心待ちにしていた、新発売の『GUILTY GEAR -STRIVE-』も買えないし、決済問題に上がっている6月6日に本来買いたかったゲームの買い直しも行えず。チート対策などにVACサーバーを利用する『Dota 2』をプレイすることすらできないのです。もし、決済の対象が『Apex Legends』のゲーム内通貨だったりすればEAサーバーからも弾かれる可能性もありました。


その上6月第4週からは「Steamサマーセール」の足音の噂も……。この絶望感たるや、コアゲーマーたる読者の皆様には理解していただきたい。果たしてこの問題は早期の解決を見ることができるのでしょうか。そして私のSteamライフは平穏を取り戻すことができるのでしょうか……。いや、本当に困っています


※ UPDATE(2021/06/12 11:14):一抹の~と記述していた箇所を一縷の~に修正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございました。

《rate-dat@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら