AIによる会話生成にアニメ制作サポートなど―モリカトロン、自社開発AIソリューションのオンライン説明会で特許出願中含む5種製品等をプレゼン | GameBusiness.jp

AIによる会話生成にアニメ制作サポートなど―モリカトロン、自社開発AIソリューションのオンライン説明会で特許出願中含む5種製品等をプレゼン

モリカトロンは、自社が開発してきた特許出願中タイトルを含む、AIソリューションについてのオンライン説明会を、6月8日に開催すると発表しました。

ゲーム開発 人工知能(AI)
AIによる会話生成にアニメ制作サポートなど―モリカトロン、自社開発AIソリューションのオンライン説明会で特許出願中含む5種製品等をプレゼン
  • AIによる会話生成にアニメ制作サポートなど―モリカトロン、自社開発AIソリューションのオンライン説明会で特許出願中含む5種製品等をプレゼン
  • AIによる会話生成にアニメ制作サポートなど―モリカトロン、自社開発AIソリューションのオンライン説明会で特許出願中含む5種製品等をプレゼン
  • AIによる会話生成にアニメ制作サポートなど―モリカトロン、自社開発AIソリューションのオンライン説明会で特許出願中含む5種製品等をプレゼン
  • AIによる会話生成にアニメ制作サポートなど―モリカトロン、自社開発AIソリューションのオンライン説明会で特許出願中含む5種製品等をプレゼン
  • AIによる会話生成にアニメ制作サポートなど―モリカトロン、自社開発AIソリューションのオンライン説明会で特許出願中含む5種製品等をプレゼン

モリカトロンは、自社が開発してきた特許出願中タイトルを含む、AIソリューションについてのオンライン説明会を、6月8日に開催すると発表しました。

モリカトロンは、日本初となるゲームAI専門開発会社で、ゲーム開発会社に向けたゲームAI導入のコンサルタント事業や、ゲーム・エンタテイメント全般に活用できる各種AIソリューションの提供等を主な業務としています。

今回発表された説明会では、同社のAI研究を通じて開発した、ゲーム/エンターテインメント業界にて活用できるAIソリューションを初公開すると共に、5種の新製品についての特徴・用途をプレゼンテーションするとのことです。

告知サイト

モリカトロン AIソリューション説明会2021


本説明会では、ゲームやエンターテインメントサービス開発にご活用いただける5種の新製品について、その特徴や用途についてプレゼンテーションいたします。また、ご紹介するツール類以外に、共同研究やオーダーメイドのゲームAI開発プランなどについてもご説明いたします。

日時

2021年6月8日(火)13:00~14:00

対象

ゲーム開発に携わっている方、かつ、ビデオ通話(Zoom)のご利用ができる方

タイムテーブル

12:55~13:00 開場
13:00~13:50 製品紹介
13:50~14:00 質疑応答

製品概要

  • AIせりふサポート
    ライターによって書かれたキャラクターのセリフが、キャラクターの特徴をちゃんと捉えているかを分析、評価するAIツールです。また、AIがキャラクターの口調などの特徴を学習し、セリフのディレクションをお手伝いします。
  • AI会話ジェネレーター
    最も実現が難しいと言われている「人との雑談」を実現するAIソリューションです。様々なサービスやSlackやTwitterを使ったチャットボットにご利用できるAPIを提供します。また、お客様のゲームサーバーへ組み込むことでゲームキャラクターとプレイヤーとの自由な会話も実現可能です。
  • AIパズルジェネレーター
    3マッチパズルのパズルを自動生成するAIソリューションです。プランナーが指定する難易度、ボリュームなどの条件に応じたパズルを生み出すことができます。
  • AIアニメ制作サポート
    3Dモデルで作られたアニメーションを、2Dアニメーション的なメリハリのある動きに変換するAIツールです。AIがコマ打ちに必要なフレーム及びキーポーズを自動的に抽出し、リミテッドアニメならではのメリハリのある表現へと変換します。
  • COM DK
    コンピュータプレイヤーによってゲームを自動プレイする際などに、ゲーム本体のプログラムとの仲介をするライブラリです。ゲーム本体をほとんど改変することなく外部プログラムからの制御が可能になるため、設定した行動の繰り返し・統計データ取得など、ゲーム開発時の確認作業に役立ちます。

登壇者紹介(敬称略)


森川幸人


  • モリカトロン 代表取締役/AI研究所所長
  • monoAI technology 取締役
  • 1959年岐阜生まれ。自身が代表となるムームーにおいて『がんばれ森川君2号』『ジャンピング・フラッシュ』『アストロノーカ』など、数々のゲーム開発にAIを導入。
  • 「絵でわかる人工知能」「イラストで読むAI入門」(共著)「僕らのAI論」など、AIに関する書籍も多数出版。
  • 2017年に本城、成沢とともにモリカトロンを設立。


本城嘉太郎


  • モリカトロン 代表取締役
  • monoAI technology 代表取締役
  • 1978年神戸生まれ。ゲーマーだった19歳の時、世界初の本格MMORPG『ウルティマオンライン』に出会い強い衝撃を受け、ネットワークゲームを作ることを決意。サーバエンジニア、大手コンシューマゲーム開発会社を経て、2005年にmonoAI technologyの前身となる会社を創業。
  • モリカトロン以外にも、ゲーム制作、AR/VR等のXR開発、AIを使った品質管理事業などの企業を経営。


成沢理恵


  • モリカトロン 取締役
  • monoAI technology 取締役
  • 1998年に旧・エニックス(現・スクウェア・エニックス)にプロデューサーとして入社。以後、15年間スクウェア・エニックスにて、コンシューマ、PC、モバイルの幅広い分野にてプロデューサーとして従事。
  • 現在、モリカトロン、monoAI technologyを含め7社のゲーム会社の取締役、その他、ゲーム関連会社の顧問を兼任。


松原卓二


  • モリカトロン チーフエンジニア
  • 1989年ソフト開発のクエイクを設立、日本におけるMacintoshプログラマの草分けとして活動。
  • 1997年発売のPSゲーム『がんばれ森川くん2号』では、ゲーム内キャラPITにニューラルネットを搭載、プレイヤーの指示をランタイムに学習させた。
  • 現在はモリカトロンでゲームAIの研究開発をしつつ、動物写真家としても活動している。
《Ten-Four》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら