スクエニ、2021年3月期の連結決算を発表―『FF7R』や『NieR Re[in]carnation』の貢献もあり前期比増収、アミューズメント事業は「生き抜くための体質改善を図る」 | GameBusiness.jp

スクエニ、2021年3月期の連結決算を発表―『FF7R』や『NieR Re[in]carnation』の貢献もあり前期比増収、アミューズメント事業は「生き抜くための体質改善を図る」

スクウェア・エニックス・ホールディングスは、2021年3月期の連結決算を発表しました。

企業動向 業績
スクエニ、2021年3月期の連結決算を発表―『FF7R』や『NieR Re[in]carnation』の貢献もあり前期比増収、アミューズメント事業は「生き抜くための体質改善を図る」
  • スクエニ、2021年3月期の連結決算を発表―『FF7R』や『NieR Re[in]carnation』の貢献もあり前期比増収、アミューズメント事業は「生き抜くための体質改善を図る」

スクウェア・エニックス・ホールディングスは、2021年3月期の連結決算を発表しました。

売上高は3,325億3,200万円(前年比+27.6%)、営業利益は472億2,600万円(前年比+44.2%) 、経常利益499億8,300万円(前年比+55.7%)、親会社株主に帰属する当期純利益は269億4,200万円(前年比+26.2%)を記録。

デジタルエンタテインメント事業では、『FINAL FANTASY VII REMAKE』や『Marvel's Avengers』といった大型タイトルの発売があったことに加え、カタログタイトルの販売好調、ライセンス収入などにより、前期比で増収となっています。

MMOにおいては、『ファイナルファンタジーXIV』と『ドラゴンクエスト X』の拡張パッケージ発売が前期だったため、当期は減収に。ただし、同タイトルの継続課金収入等は好調に推移しています。

ソーシャルゲームでは、『ドラゴンクエストウォーク』や『WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争』などの既存タイトルが堅調だったことに加え、当期にサービス開始した『ドラゴンクエストタクト』や『オクトパストラベラー大陸の覇者』および『NieR Re[in]carnation』の収益貢献によって、前期比で増収となりました。

アミューズメント事業においては、政府の緊急事態宣言発出を受け、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策として、第1四半期連結会計期間に国内の店舗を臨時休業としたことにより、前期比で大幅な減収および営業損失に。

今後もアミューズメント事業は、新型コロナウイルスによって厳しい経営となりそうですが、同社は「更なる収益性向上に注力することでWithコロナ時代を生き抜くための体質改善を図る」としています。

■スクウェア・エニックス・ホールディングス IR情報
https://www.hd.square-enix.com/jpn/ir/


《茶っプリン@インサイド》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら