2020年『サイバーパンク2077』販売数は1,370万本―総製作費は341億円以上、プロジェクト参加人数は5,200人超え | GameBusiness.jp

2020年『サイバーパンク2077』販売数は1,370万本―総製作費は341億円以上、プロジェクト参加人数は5,200人超え

『サイバーパンク2077』と『ウィッチャー3』ともに、次世代コンソールエディションをリリースする予定であることも改めて明らかにされています。

ゲーム開発 その他
2020年『サイバーパンク2077』販売数は1,370万本―総製作費は341億円以上、プロジェクト参加人数は5,200人超え
  • 2020年『サイバーパンク2077』販売数は1,370万本―総製作費は341億円以上、プロジェクト参加人数は5,200人超え


CD PROJEKT REDグループのCD PROJEKT RED IRは、2020会計年度の業績報告を公開しました。



報告によれば、2020年に『サイバーパンク2077』を1,370万部以上販売。総製作費が12億ポーランドズウォティ(約341億7,700万円)であったとしています。



販売の割合はデジタル73%、物理メディア27%となっており、2020年12月の発売当初の割合とほぼ同じになっています。



プラットフォーム別では、PC/Stadiaが56%、PS4が28%、Xbox Oneが17%となっています。



その他、『ウィッチャー3』が2020年末までに合計3,000万部以上を販売したことも公開されています。


また、レポートには、グローバル・デジタル・キャンペーンにおける広告インプレッション数が30億以上であること、プロジェクトに参加した合計人数が5,200人を超えることなどが記載。『サイバーパンク2077』と『ウィッチャー3』ともに、次世代コンソールエディションをリリースする予定であることも改めて明らかにされています。


《H.Laameche@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら