ゲーム販売地域制限のEU独禁法違反問題に関してカプコンとバンダイナムコが欧州委員会との和解を発表 | GameBusiness.jp

ゲーム販売地域制限のEU独禁法違反問題に関してカプコンとバンダイナムコが欧州委員会との和解を発表

罰金が業績に与える影響は軽微としています。

その他 事件
FPG/Archive Photos/ゲッティイメージズ
  • FPG/Archive Photos/ゲッティイメージズ
  • Cate Gillon/Getty Images News/ゲッティイメージズ
  • ゲーム販売地域制限のEU独禁法違反問題に関してカプコンとバンダイナムコが欧州委員会との和解を発表
  • ゲーム販売地域制限のEU独禁法違反問題に関してカプコンとバンダイナムコが欧州委員会との和解を発表
  • ゲーム販売地域制限のEU独禁法違反問題に関してカプコンとバンダイナムコが欧州委員会との和解を発表
Cate Gillon/Getty Images News/ゲッティイメージズ


欧州委員会がEUの競争法に違反するとしてValve、バンダイナムコ、カプコン、Focus Home Interactive、Koch Media、ZeniMax Mediaに罰金を科した問題について、カプコングループとバンダイナムコは、欧州委員会と和解し罰則金の支払いに合意したことを発表しました。


各社のプレスリリースによると、罰金額はカプコングループが396,000ユーロ(約5,000万円)、バンダイナムコが340,000ユーロ(約4,300万円)で、業務に与える影響は軽微であると発表。また、両社ともに今後はコンプライアンスの強化を行っていくとしています。


またこの問題に対し、Valveは罰金が不当なものであるとして上訴を行う方針であることを明らかにしています。

《Mr.Katoh@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら