2020年のイギリスのエンタメ市場、半分以上をビデオゲームが占める結果に―2026年には約3,800億円規模に | GameBusiness.jp

2020年のイギリスのエンタメ市場、半分以上をビデオゲームが占める結果に―2026年には約3,800億円規模に

新型コロナウイルスのロックダウンによって、国民のビデオゲームへの関心がこれまで以上に高まっているとし、DLタイトルやモバイルゲームのユーザー数が増加しているようです。

市場 調査
2020年のイギリスのエンタメ市場、半分以上をビデオゲームが占める結果に―2026年には約3,800億円規模に
  • 2020年のイギリスのエンタメ市場、半分以上をビデオゲームが占める結果に―2026年には約3,800億円規模に


ビデオゲームのプレイヤー人口が多いイギリスですが、調査会社によると2020年のエンターテイメント市場においてビデオゲームが占める割合が半分以上となり、さらに増加傾向にあるという調査結果が報告されています。


これは、アイルランドの首都ダブリンを基盤とする調査会社Research And Marketsが発表したもの。新型コロナウイルスのロックダウンによって、国民のビデオゲームへの関心がこれまで以上に高まっており、DLタイトルやモバイルゲームのユーザー数が増加しているとしています。


調査ではビデオゲーム市場を押し上げた理由として、インターネットやスマートフォンの普及率、関連技術の向上をあげています。特に、ゲームハードの販売台数は、2019年と比較すると2020年は大幅に増加しているとのこと。これは多くの医療関係者が、新型コロナウイルスの巣篭もり用としてビデオゲームを勧めていたことが背景にあるのだそうです。


また、イギリスにおけるゲームのユーザー層は中所得者と高所得者が最も多く、年齢別では25歳から44歳が最も多いようです。


Research And Marketsは、2026年にはビデオゲーム市場は約3,800億円規模(37億ドル)になるだろうと予測しています。

《Daisuke Sato@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら