『サイバーパンク2077』延期による開発者への殺害予告に対してCDPRのゲームデザイナーが苦言―「私たちもあなたと同じ人間」 | GameBusiness.jp

『サイバーパンク2077』延期による開発者への殺害予告に対してCDPRのゲームデザイナーが苦言―「私たちもあなたと同じ人間」

怒りや失望は理解しているといいます。

その他 事件
『サイバーパンク2077』延期による開発者への殺害予告に対してCDPRのゲームデザイナーが苦言―「私たちもあなたと同じ人間」
  • 『サイバーパンク2077』延期による開発者への殺害予告に対してCDPRのゲームデザイナーが苦言―「私たちもあなたと同じ人間」

CD Projekt REDのシニアゲームデザイナーで、2020年12月10日に発売が延期となった『サイバーパンク2077』のRPGデザインリードデザイナーも務めるAndrzej Zawadzki氏が、自身のTwitterで苦言を呈しました。

ツイートでは、同作の延期に関して一つ言いたいことがあると前置きしたうえで、延期によって開発者たちに殺害予告が送られていることについて「絶対に許されず、ただただ間違っている」とコメント。ユーザーの怒りや失望、それについて意見を表明したい気持ちは理解するものの、ユーザーも開発者も同じ人間だとして、こうした行為を止めるように訴えています。

『サイバーパンク2077』は、PC/PS4/Xbox One向けに12月10日発売予定。現行機からの無償アップグレードに対応する、PS5/Xbox Series X版の発売も予定されています。
《TAKAJO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら