UBI各種サービスが統合「Ubisoft Connect」発表―クロスプラットフォームのフレンド機能やクラウドセーブ使用可能に | GameBusiness.jp

UBI各種サービスが統合「Ubisoft Connect」発表―クロスプラットフォームのフレンド機能やクラウドセーブ使用可能に

バック・カタログのゲームについてはチャレンジシステムが無効になる代わりに、関連したリワードは全て無償で自動的に開放されるとのこと。

企業動向 発表
UBI各種サービスが統合「Ubisoft Connect」発表―クロスプラットフォームのフレンド機能やクラウドセーブ使用可能に
  • UBI各種サービスが統合「Ubisoft Connect」発表―クロスプラットフォームのフレンド機能やクラウドセーブ使用可能に

ユービーアイソフトは、新サービス「Ubisoft Connect」を発表しました。

これは、全プラットフォームにまたがったフレンド機能やクラウドセーブ機能、統計機能などをユーザーに与えるサービスで、クラウドセーブは『ハイパースケープ』『アサシン クリード ヴァルハラ』『イモータル フェニックス ライジング』『ライダーズ リパブリック』などで使用可能です。

ユービーアイソフトは、同サービスについて「Ubisoft Club、ロイヤルティプログラム、Uplay、デスクトップアプリを1つにまとめて改善させたもの」としており、全Ubisoftライブゲームおよび新リリースがUbisoft Connectサービスとロイヤルティプログラムに対応していくとのこと。バック・カタログのゲームについてはサービス互換性はある程度あるもののチャレンジシステムが以降、無効となるため、それらのゲームで本来入手可能であったリワード、計1,000個以上が「Ubisoft Connect」上では無料で提供されるとのことです。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら