Take-Twoが『ライオットアクト2』開発元Ruffian Gamesを買収―今後はRockstar Dundeeに | GameBusiness.jp

Take-Twoが『ライオットアクト2』開発元Ruffian Gamesを買収―今後はRockstar Dundeeに

昨年からRockstar Gamesと協力関係。

企業動向 戦略
Take-Twoが『ライオットアクト2』開発元Ruffian Gamesを買収―今後はRockstar Dundeeに
  • Take-Twoが『ライオットアクト2』開発元Ruffian Gamesを買収―今後はRockstar Dundeeに
  • Take-Twoが『ライオットアクト2』開発元Ruffian Gamesを買収―今後はRockstar Dundeeに
  • Take-Twoが『ライオットアクト2』開発元Ruffian Gamesを買収―今後はRockstar Dundeeに

2010年発売の『Crackdown 2(ライオットアクト 2)』を手がけ、『Halo: The Master Chief Collection』の開発にも携わったスコットランドのデベロッパーRuffian Gamesが、Rockstar Gamesの親会社Take-Two Interactiveに買収されていたことが明らかとなりました。今後Ruffian GamesはRockstar Dundeeとして活動していくとのこと。

新たなスタジオ名は9月末に発見されていたようです

Ruffian Gamesは2009年にClimaxやDMA Design、RealTime Worldsのベテランスタッフによって設立。前述の『Crackdown 2』などいくつかのタイトルを開発し、2019年からはRockstar Gamesと協力関係にありました。現在取り組んでいることに関する情報は伝えられておらず、人気シリーズの最新作あるいは旧作のリマスターなど様々な可能性に期待が寄せられています。

『Crackdown 2』トレイラー
《RIKUSYO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら