次世代機Xbox Series Xの下位互換時の動作フレームレート検証動画が海外メディアにより公開 | GameBusiness.jp

次世代機Xbox Series Xの下位互換時の動作フレームレート検証動画が海外メディアにより公開

Digital Foundryは、Xbox Series Xの下位互換時の動作フレームレートに焦点を当てた検証動画を公開しました。

市場 その他
次世代機Xbox Series Xの下位互換時の動作フレームレート検証動画が海外メディアにより公開
  • 次世代機Xbox Series Xの下位互換時の動作フレームレート検証動画が海外メディアにより公開
  • 次世代機Xbox Series Xの下位互換時の動作フレームレート検証動画が海外メディアにより公開

Digital Foundryは9月29日、マイクロソフトが11月10日に発売を予定している次世代コンソール機Xbox Series Xの、下位互換時の動作フレームレートに焦点を当てた検証動画を公開しました。

先日28日に、Xbox Series Xの下位互換やクイックレジューム機能についてのレポートが海外メディアにより一斉に公開されましたが、やや遅れてEurogamerにおいて技術的な面からソフトやハードのレビューを行うDigital Foundryが、Xbox Series XとXbox Oneでのソフトの動作フレームレートの比較検証動画を公開。

動画内ではXbox One版『モンスターハンター:ワールド』(海外向け)『ファイナルファンタジー15』『DOOM Eternal』『CoD:Modern Warfare』(2019年版)『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』『ヒットマン』『ヒットマン2』『DEAD OR ALIVE 6』『No Man's Sky』(海外向け)『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』Xbox 360版『ファイナルファンタジー13』『グランド・セフト・オートIV』を取り上げ、いずれも30フレーム制限のある一部をのぞき、60フレーム水準で安定している様子を披露。

『ヒットマン』は対応解像度とフレームレートの面から特にベンチマークとしても有用とのこと。『CoD:MW』などの動的解像度を採用している作品は、最大の4K解像度でプレイできる可能性を指摘しています。また、『GTA4』においてAI技術を用いた、自動で画質をより鮮やかに表現するマイクロソフト独自のAuto HDR機能の動作確認もできたとのこと。ただし白い表現が一部不自然であったことを記事では伝えています。

一方読み込み速度に関しての例として「ファイナルファンタジー15」において1分かかっていたセーブデータが、Series Xでは12~14秒であったとのことです。

これらはいずれも下位互換モードで動作しており、GPUのRDNA 2による大幅な性能向上を得た結果ではないことを強調。また新旧の様々な作品が楽しめるサブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」が利用できる観点からも、Series Xの強力な下位互換性能は失望させることはないと述べられています。
《technocchi@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら