『スカルガールズ』のLab Zero Gamesで複数スタッフが同時退職―ゲームデザイナーMike Zaimont氏の度重なる不祥事を受け | GameBusiness.jp

『スカルガールズ』のLab Zero Gamesで複数スタッフが同時退職―ゲームデザイナーMike Zaimont氏の度重なる不祥事を受け

「スタジオを去る」とZaimont氏が従業員に約束していたにもかかわらず、同氏がそれを反故にしたためとのことです。

企業動向 人事
『スカルガールズ』のLab Zero Gamesで複数スタッフが同時退職―ゲームデザイナーMike Zaimont氏の度重なる不祥事を受け
  • 『スカルガールズ』のLab Zero Gamesで複数スタッフが同時退職―ゲームデザイナーMike Zaimont氏の度重なる不祥事を受け
  • 『スカルガールズ』のLab Zero Gamesで複数スタッフが同時退職―ゲームデザイナーMike Zaimont氏の度重なる不祥事を受け

2D格闘『スカルガールズ』シリーズやARPG『インディヴィジブル』で知られるデベロッパーLab Zero Gamesにて、複数のスタッフが同時退職したことが明らかになりました。退職したスタッフらの声明文によれば、公私にわたる複数の不祥事を受け「スタジオを去る」とMike Zaimont氏が従業員に約束していたにもかかわらず、同氏がそれを反故にしたためとのことです。

2020年6月、同社の「Mike Z」ことMike Zaimont氏は、『スカルガールズ 2ndアンコール』の対戦イベント「One More Once!」にて不適切なジョークを発言したほか、TwitchストリーマーのBunny氏に対しセクハラ行為や、フリーランスアーティストのBeezul氏に対しての人種差別的な発言を告発され、格闘ゲームイベント「Combo Breaker 2021」からBAN処分を受けていました。

公開された声明文では、内部調査で浮かび上がったスタジオ従業員に対するパワハラ・セクハラ行為の実情や、スタジオを去るにあたって非現実的な条件を提示していたこと、スタジオの全権を掌握するために役員メンバーを解任していたことなどが明らかにされています。

Lab Zero Gamesのクリエイティブディレクター・リードアニメーターを務めたMariel "Kinuko" Cartwright氏の声明文。

Lab Zero Gamesのアートプロデューサーを務めたBrian "EU03" Jun氏の声明文。

Lab Zero Gamesのシニアアニメーターを務めたJonathan Kim氏、Jebus "Simpai" Matoi氏による声明文。

Lab Zero Gamesのシニアアーティストを務めたJessica Allen氏によるツイート。

これを受け、モバイル版『スカルガールズ』を手掛けたHidden Variable Studiosと、『スカルガールズ』のIPを保有するAutumn Gamesは、今回同時退職したLab Zero Gamesのスタッフを全面的にサポートし、Lab Zero GamesやMike Zaimont氏との関係を断ち切ることを発表。今後もモバイル版『スカルガールズ』や『スカルガールズ 2ndアンコール』の新たなコンテンツを提供していくと宣言しています。

《S. Eto@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら