アカツキがe-Sports実業団「Team UNITE」を設立―選手と企業、双方にメリットのあるエコシステムの構築を目指す | GameBusiness.jp

アカツキがe-Sports実業団「Team UNITE」を設立―選手と企業、双方にメリットのあるエコシステムの構築を目指す

アカツキがe-Sports実業団を設立。参入タイトル第1弾は「Magic :The Gathering」、第2弾には『Apex Legends』が発表されました。

文化 eSports
アカツキがe-Sports実業団「Team UNITE」を設立―選手と企業、双方にメリットのあるエコシステムの構築を目指す
  • アカツキがe-Sports実業団「Team UNITE」を設立―選手と企業、双方にメリットのあるエコシステムの構築を目指す
  • アカツキがe-Sports実業団「Team UNITE」を設立―選手と企業、双方にメリットのあるエコシステムの構築を目指す
  • アカツキがe-Sports実業団「Team UNITE」を設立―選手と企業、双方にメリットのあるエコシステムの構築を目指す
  • アカツキがe-Sports実業団「Team UNITE」を設立―選手と企業、双方にメリットのあるエコシステムの構築を目指す
  • アカツキがe-Sports実業団「Team UNITE」を設立―選手と企業、双方にメリットのあるエコシステムの構築を目指す
  • アカツキがe-Sports実業団「Team UNITE」を設立―選手と企業、双方にメリットのあるエコシステムの構築を目指す
  • アカツキがe-Sports実業団「Team UNITE」を設立―選手と企業、双方にメリットのあるエコシステムの構築を目指す

2020年8月6日、アカツキはe-Sports実業団「Team UNITE(チーム ユナイト)」の発足を発表しました。2020年で創業10周年を迎えた同社は、新たな中長期的経営戦略として「ゲームを軸としたIPプロデュースカンパニー」を掲げており、その一環としてe-Sports業界とビデオゲーム業界への貢献を目的に実業団の設立にいたりました。

アカツキのe-Sports実業団「Team UNITE」のイメージ

メディア向けの発表会に登壇したアカツキ 取締役モバイルゲーム事業統括の戸塚佑貴氏は、設立の経緯に関し「陸上競技やサッカーでは当たり前のようにある企業が支援する実業団に着目した」と言及。

また、プロ選手を目指すe-Sportsプレイヤーを社員として雇用するメリットに関しては、「(同社が開発・配信する)モバイルゲーム事業は日々高度化しており、常に高い品質が求められます。モバイルゲームにおけるおもしろさは数字の集合によるバランス調整で生み出されるもので、プロゲーマーを志す人の集中力や洞察力はとても相性がいい」としました。

アカツキの戸塚佑貴氏

e-Sportsチームオーナーの渡辺佑太郎氏は、国内のe-Sports選手に聞き取り調査を行ったところ、回答者の71%が1日の練習時間が4時間未満、85%がe-Sportsとは関係ない仕事をしていつとのことで、「ごく一部をのぞき"空いた時間で練習している"」に過ぎないのが、国内e-Sports市場が海外ほどに大きく伸びない一因であると分析し、データ面から実業団設立の経緯を語りました。実業団に所属する選手は毎日4時間ほどモバイルゲームのQA(Quality Assurance:品質管理)業務に従事し、残りの時間は参入タイトルの練習にあてられるとのことです。

アカツキから選手へは働く環境と競技に集中できる環境を、選手からアカツキへはゲーム開発に対する質の高いフィードバックを提供することで、双方にメリットがあるエコシステムの構築を目指します。

「Team UNITE」オーナーの渡辺佑太郎氏

参入タイトル第1弾は世界的な人気を誇るカードゲーム「Magic :The Gathering」に決定。グランプリ メンフィス 2019 TOP8の井上徹選手、MAGICワールドカップ2018 Top8の森山真秀選手が加入し、さらにコーチとして、2006 世界選手権団体戦 準優勝の実績を持つ片山英典氏が参加します。

Team UNITE「Magic :The Gathering」の井上徹選手

Team UNITE「Magic :The Gathering」の森山真秀選手

そして参入第2弾には、バトルロイヤルゲーム『Apex Legends』が決定しており、公式サイトでは「Team UNITE」に所属する選手の募集が行われています。

さらに、海外ではハイブランドがe-SportsチームとコラボレーションしてユニフォームやTシャツなどを展開する例が増えていることを受け、ファッションブランド「ナノ・ユニバース」とのコラボレーションも発表されました。ナノ・ユニバースがプロデュースするチームユニフォームは、2020年秋に発表予定です。

最後には、e-Sportsキャスターの平岩康祐氏の進行によるトークセッションが行われました。井上選手は「(「Magic :The Gathering」をしていると)カードの強弱に敏感になるので、その感覚はモバイルゲームのQA業務にも活かせると思う」と語り、森山選手は「反対に、QA業務を通して得たものが「Magic :The Gathering」に活かせることもあるはず」と展望を語りました。

両選手は練習時や海外の遠征時にチームメイトやコーチがいてくれるのは心強いことであるとしつつ、「これからは企業の看板を背負うことになるので、戦績はもちろん、普段の立ち振る舞いにも一層気を付けたい」と力強く語りました。

《蚩尤》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら