セガ往年の名筐体を1/6サイズにした『アストロシティミニ』が2020年12月に発売決定! 収録タイトルは36作品 | GameBusiness.jp

セガ往年の名筐体を1/6サイズにした『アストロシティミニ』が2020年12月に発売決定! 収録タイトルは36作品

『バーチャファイター 』『ファンタジーゾーン』『ゴールデンアックス』など、収録が確定した10作品も発表。

企業動向 発表
セガ往年の名筐体を1/6サイズにした『アストロシティミニ』が2020年12月に発売決定! 収録タイトルは36作品
  • セガ往年の名筐体を1/6サイズにした『アストロシティミニ』が2020年12月に発売決定! 収録タイトルは36作品
  • セガ往年の名筐体を1/6サイズにした『アストロシティミニ』が2020年12月に発売決定! 収録タイトルは36作品
  • セガ往年の名筐体を1/6サイズにした『アストロシティミニ』が2020年12月に発売決定! 収録タイトルは36作品
  • セガ往年の名筐体を1/6サイズにした『アストロシティミニ』が2020年12月に発売決定! 収録タイトルは36作品

セガトイズは、セガグループ設立60周年プロジェクトのひとつとして、90年代のゲームセンターで一世を風靡した筐体を1/6サイズで忠実に再現した「アストロシティミニ」を、2020年12月に発売すると発表しました。

もともとの「アストロシティ」は1993年に登場したアーケード筐体で、それまでの板金加工のみで設計されていた筐体とは全く異なる、初の樹脂製筐体でした。そうして軽量化されたことで、全国のゲームセンターに支持されておよそ5万台が導入。また同筐体に搭載された『バーチャファイター』は、当時世界初となる3D格闘ゲームとしてムーブメントを巻き起こしました。


「アストロシティミニ」も本体は樹脂製で、ジョイスティックなどは当時の設計に忠実でありながら、LEDによるイルミネーションやHDMI出力端子などの追加機能が盛り込まれています。また「コントロールパッド」も別売りで発売予定とのことで、これにより一つの本体で最大2人による対戦も可能になります。

気になる収録タイトル数は、発表によれば36作品とされており、現在確定しているタイトルは以下の10作品となっています。


  • バーチャファイター (1993年稼働開始/ジャンル:格闘/最大 2 人プレイ)
  • ファンタジーゾーン(1986年稼働開始/ジャンル:シューティング/最大 2 人交互プレイ)

  • ゴールデンアックス(1989年導入/ジャンル:アクション/最大 2 人プレイ)

  • ゴールデンアックス デスアダーの復讐(1992年導入/ジャンル:アクション/最大 2 人プレイ)

  • エイリアンストーム(1990年導入/ジャンル:アクション/最大 2 人プレイ)

  • エイリアンシンドローム(1987年導入/ジャンル:アクション/最大 2 人プレイ)

  • コラムスII(1990年導入/ジャンル:パズル/最大 2 人プレイ)

  • タントアール(1993年導入/ジャンル:パーティ/最大 2 人プレイ)

  • ダークエッジ(1993 年導入/ジャンル:格闘/最大 2 人プレイ)

  • 獣王記(1988年導入/ジャンル:アクション/最大 2 人プレイ)


残りのタイトルは順を追って公開予定。今後どのようなタイトルが飛び出してくるのか、今から期待に胸が高鳴りますね。なお、『アストロシティミニ』本体及びコントローラの詳細情報は以下の通りです。



商品名:アストロシティミニ
商品サイズ:幅 130×高 170×奥 170mm
価格:12,800円(税別)
同梱物:本体、電源用USBケーブル、HDMIケーブル、取扱説明書
発売予定日:2020年12月予定


商品名:アストロシティミニ コントロールパッド
商品サイズ:幅 150×高 30×奥 67mm (変更になる可能性があります)
価格:2,780円(税別)
発売予定日:2020年12月予定



(C)SEGA (C)SEGATOYS
《麦秋@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら