『FF7 リメイク』海外一部地域でパッケージ版の出荷が遅れる可能性をスクウェア・エニックスが明らかに | GameBusiness.jp

『FF7 リメイク』海外一部地域でパッケージ版の出荷が遅れる可能性をスクウェア・エニックスが明らかに

日本への影響には言及されていません。

市場 海外市場
『FF7 リメイク』海外一部地域でパッケージ版の出荷が遅れる可能性をスクウェア・エニックスが明らかに
  • 『FF7 リメイク』海外一部地域でパッケージ版の出荷が遅れる可能性をスクウェア・エニックスが明らかに
  • 『FF7 リメイク』海外一部地域でパッケージ版の出荷が遅れる可能性をスクウェア・エニックスが明らかに

スクウェア・エニックスは、4月10日発売予定のPS4対応ソフト『FINAL FANTASY VII REMAKEファイナルファンタジーVII リメイク)』について、海外でのパッケージ版発売に関する発表を行いました。

この発表は海外公式Twitterで行われたもの。それによると、新型コロナウイルスの影響で国によって異なる流通や店頭での販売状況が不安定となっており、海外の一部では発売日に本作パッケージ版を入手できない地域が出てくる可能性があると語られました。その上で毎日状況を監視しつつ関係各所と協力し、発売日にはできるだけ多くのプレイヤーに本作を届けられるようにするとしています。

なお、現地時間3月20日には公式チャンネルで発売日に関する状況を報告することも明らかにしていますが、日本への言及はされておらず、国内パッケージ版への影響については不明です。

『FINAL FANTASY VII REMAKE』は、PS4向けに2020年4月10日発売予定。PlayStation Storeではデモ版を配信しています。
《TAKAJO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら