Steamの同時接続人数が2年前の記録を超え1,880万人を突破―ゲームをプレイしている人数は120万人ほど減少 | GameBusiness.jp

Steamの同時接続人数が2年前の記録を超え1,880万人を突破―ゲームをプレイしている人数は120万人ほど減少

2年前の記録から、26万人近く増加して記録を更新。

市場 デジタル流通
Steamの同時接続人数が2年前の記録を超え1,880万人を突破―ゲームをプレイしている人数は120万人ほど減少
  • Steamの同時接続人数が2年前の記録を超え1,880万人を突破―ゲームをプレイしている人数は120万人ほど減少
  • Steamの同時接続人数が2年前の記録を超え1,880万人を突破―ゲームをプレイしている人数は120万人ほど減少

Steamクライアントの同時接続人数が1,880万人を突破したことが明らかになりました。

Steamの非公式データベース「SteamDB」によれば、日本時間2月2日23時ごろに同時接続人数が18,801,944人を記録したとのことです。これは歴代で最高の記録で、それまでの最高記録は2018年1月14日の18,537,490人。2年ぶりにして、26万人近くの記録更新となりました。

ただし、ゲームをプレイしている人数に関しては120万人ほど減少している、という興味深いデータも。前回のピーク時は『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』の同時接続プレイヤー数が300万人を突破するほどのブームが巻き起こっていたことも、要因の1つと言えるかもしれません。
《杉元悠@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら