任天堂旧本社ビルがホテル化!2021年のグランドオープンを目指す「かぶやまProject(仮称)」発表 | GameBusiness.jp

任天堂旧本社ビルがホテル化!2021年のグランドオープンを目指す「かぶやまProject(仮称)」発表

任天堂旧本社ビルは、世界にその名を知られるゲーム機メーカー任天堂が、かつて本社を構えていたビルです。当建物が2021年の開業を目指してホテル化!

企業動向 発表
任天堂旧本社ビルがホテル化!2021年のグランドオープンを目指す「かぶやまProject(仮称)」発表
  • 任天堂旧本社ビルがホテル化!2021年のグランドオープンを目指す「かぶやまProject(仮称)」発表
  • 任天堂旧本社ビルがホテル化!2021年のグランドオープンを目指す「かぶやまProject(仮称)」発表
  • 任天堂旧本社ビルがホテル化!2021年のグランドオープンを目指す「かぶやまProject(仮称)」発表

Plan・Do・Seeは、任天堂旧本社ビル(京都市下京区鍵屋町)のホテル化を目指す「かぶやまProject(仮称)」を発表しました。

任天堂旧本社ビルは、かるた・花札等の製造・販売会社として創業され、現在は世界にその名を知られるゲーム機メーカー任天堂が、かつて本社を構えていたビルです。「かぶやまProject(仮称)」は、当建物をホテル化し、2021年のグランドオープンを目指すというもの。




安藤忠雄建築研究所が設計監修、ノム建築設計室が設計、大林組が施工を担当し、既存建物の改修と一部新築を計画。客室数は約20室、宿泊者用の施設としてレストラン・バー・ジム・スパなども備える予定です。

西には東本願寺、東には鴨川を眺められる京都市内の中心地に位置し、当時の役割を終えた今でも街並みの一部として大切に守られている任天堂旧本社ビルの新たな取り組みに、期待しましょう。なお、宿泊予約受注は2021年春より開始予定です。
《茶っプリン@インサイド》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら