SFMMO『Star Citizen』開発資金のクラウド調達額が約275億円に到達 | GameBusiness.jp

SFMMO『Star Citizen』開発資金のクラウド調達額が約275億円に到達

2012年にKickstarterでクラウドファンディングキャンペーンが開始されたSci-Fi MMO『Star Citizen』。本作のクラウドでの開発資金調達額が2.5億ドル(約275億円)に到達したことが明らかとなりました。

マネタイズ クラウドファンディング
SFMMO『Star Citizen』開発資金のクラウド調達額が約275億円に到達
  • SFMMO『Star Citizen』開発資金のクラウド調達額が約275億円に到達
  • SFMMO『Star Citizen』開発資金のクラウド調達額が約275億円に到達
  • SFMMO『Star Citizen』開発資金のクラウド調達額が約275億円に到達
  • SFMMO『Star Citizen』開発資金のクラウド調達額が約275億円に到達
  • SFMMO『Star Citizen』開発資金のクラウド調達額が約275億円に到達
  • SFMMO『Star Citizen』開発資金のクラウド調達額が約275億円に到達

2012年にKickstarterでクラウドファンディングキャンペーンが開始されたSci-Fi MMO『Star Citizen』。本作のクラウドでの開発資金調達額が2.5億ドル(約275億円)に到達したことが明らかとなりました。

公式サイトのファンディング統計によれば、2019年12月2日現在で調達資金額が251,384,121ドル、出資者は2,449,660人となっています。これとは別に昨年末には個人投資家より4,600万ドル(約50億円)の投資を受けたことも明らかになっています。



現在現地時間12月5日までの期間で、公式サイトにて多数の宇宙船に試乗できる無料プレイイベント「Intergalactic Aerospace Expo 2949」を実施中。本作のリリース日は未発表ながら、シングルキャンペーンの「Squadron 42」は、2020年第3四半期でのリリースが予定されています。
《technocchi@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら