インディーゲームの祭典「BitSummit」東京Roadshowイベント第二弾が開催へ | GameBusiness.jp

インディーゲームの祭典「BitSummit」東京Roadshowイベント第二弾が開催へ

インディーゲームイベント「BitSummit Roadshow: Tokyo」が2019年9月13日に恵比寿「LIQUIDROOM」にて開催決定。様々なインディーメーカーの作品の体験や、ステージイベントが告知。

ゲーム開発 インディー

日本インディペンデント・ゲーム協会は、東京ゲームショウの開催に合わせ、2019年9月13日に恵比寿「LIQUIDROOM」にて「BitSummit Roadshow: Tokyo」を開催することを発表しました。

2018年に続いての第二弾となる同イベント。音楽ステージや、業界の著名なデベロッパー達が参加するパネルディスカッションのほか、様々なインディーメーカーの作品の体験コーナー、『DEEMO -Reborn-』の開発元、Rayark社によるトークセッションとスペシャルコンサートなどが開かれる予定となっています。

入場チケットの販売も始まっており、Peatixより入場料2,000円にて購入可能です。


◆開催概要◆


名称:BitSummit Roadshow: Tokyo(ビットサミット ロードショー 東京)
日程:2019年9月13日(金)
時間:18:00 ~ 22:00
会場:LIQUIDROOM(リキッドルーム)
住所:東京都渋谷区東3-16-6
料金:前売券 2,000円、当日券 2,500円(いずれも税込、1ドリンク込)
主催:BitSummit 実行委員会
・一般社団法人日本インディペンデント・ゲーム協会(JIGA)
(Q-Games / PYGMY STUDIO / Skeleton Crew Studio / Digital Development Management / BlackSheep)
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら