米共和党員とテキサス州副知事、頻発する銃乱射事件とビデオゲームの関連に言及 | GameBusiness.jp

米共和党員とテキサス州副知事、頻発する銃乱射事件とビデオゲームの関連に言及

カリフォルニア州のKevin McCarthy議員(共和党)とテキサス州のDan Patrick副知事(共和党)は、アメリカ国内で立て続けに発生している銃乱射事件について、ビデオゲームのもたらす悪影響に言及しました。

文化 その他

カリフォルニア州のKevin McCarthy議員(共和党)とテキサス州のDan Patrick副知事(共和党)は、アメリカ国内で立て続けに発生している銃乱射事件について、ビデオゲームのもたらす悪影響に言及しました。

McCarthy議員は海外TV局Fox Newsによるインタビューの中で、「シューティングゲームはプレイヤーの人間性を奪う」「事件現場の様子の写真を見ても、ビデオゲームの影響を見て取れる」と主張。具体的にどう動くのかについては言及されていないものの、不穏なコメントを残しました。


また、Dan Patrickテキサス州副知事も、同州内エル・パソで発生した銃乱射事件について「今までも我々は銃を持っていたし、悪人も存在していた。ではなぜ、こんなに銃乱射が多発しているのか?若者たちに人の殺し方を教えているのは、ビデオゲーム業界だ」とコメントしています。


ゲームと暴力性の関連については、多くの議論や研究が行われてきましたが、これからも今回のようなケースが定期的に発生するのかもしれません。
《S. Eto@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら