『エンゲージプリンセス』9月30日をもってサービス終了─本日19日21時より総監督・開発責任者による生放送を実施 | GameBusiness.jp

『エンゲージプリンセス』9月30日をもってサービス終了─本日19日21時より総監督・開発責任者による生放送を実施

ブラウザゲーム『エンゲージプリンセス』公式Twitterアカウントは、2019年9月30日をもって同作をサービス終了すると発表しました。

ゲーム開発 サーバー・ホスティング
ブラウザゲーム『エンゲージプリンセス』公式Twitterアカウントは、2019年9月30日をもって同作をサービス終了すると発表しました。


『エンゲージプリンセス』は、VR・AR技術が発展した2018年の秋葉原を舞台とするラブコメRPG。原作・メインストーリーを伏見つかさ氏、メインキャラクターデザイン・イラストをかんざきひろ氏が担当するなど、豪華なクリエイター陣が担当することでも話題を集めました。

今回のサービス終了について公式サイトには、「これまで、皆さまによりよいサービスを楽しんでいただけるよう尽力して参りましたが、今後ご満足いただけるサービスの提供が困難であるという判断に至り、終了を決定いたしました。」とのコメントが発表されています。あわせてサービス終了までのスケジュールも公開されていますので、こちらもご確認ください。

また本日19日21時からは、総監督・開発責任者の栗田穣崇氏がサービス終了に関する生放送番組を実施します。




(C)2018 伏見つかさ/ストレートエッジ
(C)KADOKAWA CORPORATION 2018
(C)2018 DWANGO Co., Ltd.
《ねんね太郎@インサイド》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら