Steamの配信ゲームが30,000本を突破…2018年には約9,300本のゲームがリリース | GameBusiness.jp

Steamの配信ゲームが30,000本を突破…2018年には約9,300本のゲームがリリース

もはやPCゲーマーのメインプラットフォームと言っても過言ではないValveの「Steam」ですが、ついに配信ゲームの総数が30,000本を突破したようです。

企業動向 発表

もはやPCゲーマーのメインプラットフォームと言っても過言ではないValveの「Steam」ですが、ついに配信ゲームの総数が30,000本を突破したようです(ソフトウェアやDLC、ビデオは含まず)。

非公式データベースサイトSteamSpyによれば、2017年には6,983本、2018年には9,329本のゲームがSteamで配信されたそうです。つまり、30,000本のうちの約半数がここ1~2年で配信されたゲームということになります。これには2017年6月に導入された「Steam Direct」が大きく影響しているのでしょう。

配信ゲームの増加はユーザーにとって選択肢が増えて嬉しいことではあるものの、粗製濫造の問題も少なからず出ているため、Valveにはより厳格な審査が求められます。

Steamの配信ゲームが30,000本を突破―2018年には約9,300本のゲームがリリース

《RIKUSYO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら