インディーゲームアワード「IGF Awards」第21回ファイナリスト発表、『Return of the Obra Dinn』が複数部門でノミネート | GameBusiness.jp

インディーゲームアワード「IGF Awards」第21回ファイナリスト発表、『Return of the Obra Dinn』が複数部門でノミネート

インディゲームの祭典「Independent Games Festival」にて選出されるアワードの第21回ファイナリスト作品が発表されました。各部門のノミネート作品は以下の通り。

その他 イベント

インディゲームの祭典「Independent Games Festival」にて選出されるアワードの第21回ファイナリスト作品が発表されました。『Papers, Please』のLucas Pope氏が手がける推理アドベンチャー『Return of the Obra Dinn』や、Fictiorama Studiosのデジタル監視シム『Do Not Feed the Monkeys』が大賞を含む複数部門でノミネートしています。



各部門のノミネート作品は以下の通り。

Seumas McNally Grand Prize



◯佳作



Excellence in Visual Art



◯佳作



Excellence in Audio



◯佳作



Excellence in Design



◯佳作



Excellence in Narrative



◯佳作



Nuovo Award



◯佳作



Best Student Game



◯佳作


受賞作品はGame Developers Conference 2019の開催期間中、現地時間2019年3月20日午後6時30分(日本時間3月21日午前11時)より発表予定。総額50,000ドル以上の賞金が用意されており、大賞の“Seumas McNally Grand Prize”には30,000ドルが授与されます。

※UPDATE (2019/1/7 15:40):記事中の誤表記を修正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございます。

インディーゲームアワード「IGF Awards」第21回ファイナリスト発表!『Return of the Obra Dinn』が複数部門でノミネート

《RIKUSYO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら