ユーザーが選んだ今年のベストインディーゲームは?「2018 Indie of the Year Awards」結果発表 | GameBusiness.jp

ユーザーが選んだ今年のベストインディーゲームは?「2018 Indie of the Year Awards」結果発表

先日より予告されていたように、IndieDBはインディーゲームアワード「2018 Indie of the Year Awards」の結果を発表しました。TOP100からさらに絞り込まれた、ユーザー厳選のインディーゲームは以下の作品となっています。

ゲーム開発 インディー

先日より予告されていたように、IndieDBはインディーゲームアワード「2018 Indie of the Year Awards」の結果を発表しました。TOP100からさらに絞り込まれた、ユーザー厳選のインディーゲームは以下の作品となっています。

選外佳作


・『Empyrion - Galactic Survival
・『Foxhole
・『Squad
・『Book of Demons
・『Red Alert: A Path Beyond
・『Renegade X
・『Tiberian Sun Reborn


第10位


MOTHERGUNSHIP from Grip Digital

銃をカスタマイズしてエイリアン艦隊に殴り込むローグライト弾幕FPS。


第9位


CardLife from Freejam

ダンボール風のビジュアルが特徴的な、Sci-Fi世界が舞台のオンラインマルチプレイヤーサバイバル。


第8位


War Clicks from Gamex studio

プレイヤー同士の競争も繰り広げられる、ミリタリー系クリッカーゲーム。


第7位


FAR: Lone Sails from Okomotive

ユニークな乗り物で干上がった海を旅し、かつて繁栄した文明の軌跡を辿るアドベンチャーゲーム。


第6位


My Time At Portia from Pathea Games

ポストアポカリプスな世界で新生活を始めるシミュレーションRPG。


第5位


Celeste from Matt Makes Games, Inc.

『TowerFall』のクリエイターが手がける山登りプラットフォーマー。


第4位


They Are Billions from Numantian Games

大量のゾンビからコロニーを守るスチームパンク風ストラジーゲーム。


第3位


NeonCode from Fubenalvo

約1時間の体験が楽しめるレトロウェーブなサイバーパンクアドベンチャー。


第2位


GRIP: Combat Racing from Caged Element

『Rollcage』(1999~2000)にインスパイアされたハイスピードのコンバットレースゲーム。


第1位


Sally Face from Portable Moose

悲劇的な過去を持つ主人公の悪夢の世界を描く、ストーリー駆動のアドベンチャーゲーム。

いずれも印象的な特徴を持っており、人を引きつける何かを持っていますね。インディーゲームファンはIndieDBスタッフが選ぶ「Editors Choice」や今後登場予定の期待作TOP10「Players Choice Best Upcoming」も要チェックです。

ユーザーが選んだ今年のベストインディーゲームは?「2018 Indie of the Year Awards」結果発表!

《RIKUSYO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら