『LoL』LJLの一般公募チームが公開、「AXIZ」「Sengoku Gaming」「Rascal Jester」が新たに参戦 | GameBusiness.jp

『LoL』LJLの一般公募チームが公開、「AXIZ」「Sengoku Gaming」「Rascal Jester」が新たに参戦

ライアットゲームズは、以前より実施されていたLJL新チームの一般公募の結果から、新たに認定した2019年度LJL出場チームを発表しました。

企業動向 発表

ライアットゲームズは、以前より実施されていたLJL新チームの一般公募の結果から、新たに認定した2019年度LJL出場チームを発表しました。

今回新たに認定されたチームは「AXIZ」「Sengoku Gaming」「Rascal Jester」の3チーム。それぞれの詳細は以下の通りになっています。


AXIZ(アクシズ / AXZ)

日本テレビ100%子会社であるアックスエンターテインメント株式会社が運営するマルチゲーミングチーム。チーム名は「軸」という意味の英単語をアレンジしており、e スポーツシーンにおいて軸・中心的な存在でありたいという願いが込められている。チームロゴは天高くのびる牙を持つ動物「イッカク」がモチーフ。LJL初参戦。

HP:https://axiz.gg
Twitter:https://twitter.com/AXIZ_gg


Sengoku Gaming(センゴク ゲーミング / SG)

福岡を拠点に、若手選手の育成に重点を置いたプロゲーミングチーム。LoLを含め複数のチームが活動しており、国内だけでなく世界で活躍出来るチーム作りを目指す。地元福岡ではゲーミングカフェSG.LANを運営。

HP:https://sengokugaming.com/
Twitter:https://twitter.com/Sengoku_Gaming


Rascal Jester(ラスカルジェスター / RJ)

2013年から活動しているプロゲーミングチーム。過去にLJLに参戦していたこともあり、この度メンバーを一新し新たに参加することが決定。常にチャレンジを続け、よりよいパフォーマンスを発揮するため、選手全員で試合に臨む。

HP:http://rascaljester.com/
Twitter:https://twitter.com/rascaljester

また、上記3チームの加入に際し、LJL2019ではこれまで行われていたBO3ダブルラウンド(2本先取制の総当たり戦を2回実施する試合方式)から、BO1トリプルラウンド(1本先取制の総当たり戦を3回実施する方式)へとリーグルールを変更することも伝えられています。なお、各チームのロスター情報と開幕戦のスターティングメンバーについては1月16日に発表される予定です。

※UPDATE(2018/12/26 19:40):画像を一部修正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございます。

『LoL』LJLの一般公募チームが公開ー「AXIZ」「Sengoku Gaming」「Rascal Jester」が新たに参戦

《吉河卓人@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら