SteamVRにフレーム補完機能「モーションスムージング」が正式実装 | GameBusiness.jp

SteamVRにフレーム補完機能「モーションスムージング」が正式実装

ValveはVRヘッドセット用規格「SteamVR」を更新し、フレーム補完機能「モーションスムージング」などを正式実装しました。

ゲーム開発 VR

ValveはVRヘッドセット用規格「SteamVR」を更新し、フレーム補完機能「モーションスムージング」などを正式実装しました。

これは、Windows 10とNVIDIA GPUを搭載した、HTC Vive環境下にて有効となるもの。各種のVRソフトにて、最後に配信された2つのフレームから計算による補完で中間画面を生成、スムーズに動かすことが可能となります。

これにより、より低スペックでもなめらかなVR体験を行うことが可能に。「Oculus Rift」ではASW(Asynchronous Spacewarp)と呼ばれる、同系統の技術が実装されていましたが、HTC Viveでも同様の技術が実装された形です。

また、このアップデートではVR向けコントローラーのバインディング機能を改善し、SteamVR入力APIを実装していないゲームにおいても簡単にリバインドが行えるようになりました。

SteamVRにフレーム補完機能「モーションスムージング」が正式実装!

《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら