Riot Gamesがマーベルと共同で『リーグ・オブ・レジェンド』のコミック制作を発表 | GameBusiness.jp

Riot Gamesがマーベルと共同で『リーグ・オブ・レジェンド』のコミック制作を発表

Riot Gamesはマーベル・エンターテインメントと共同で、人気MOBA『リーグ・オブ・レジェンド』のコミック制作を行うことを発表しました。

企業動向 発表

Riot Gamesはマーベル・エンターテインメントと共同で、人気MOBA『リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)』のコミック制作を行うことを発表しました。

最大手のアメコミ出版社マーベルとのコラボによるコミック第一弾は、本作の最初期から親しまれているチャンピオン「アッシュ」を主人公とした「アッシュ:アヴァローサンの戦母(仮)」。2018年12月19日から公式サイト及びデジタルプラットフォームにて月刊配信を始め、2019年5月にグラフィックノベルとして出版される予定です。

ストーリーはRiot Gamesより、コミック初挑戦となるOdin Austin Shafer氏、アートはロシア出身の女性アーティストNina Vakueva氏が担当。また、Vakueva氏のイラストは海外イラストSNS「Artstation」で公開されています。

なお、コミックシリーズは今後も制作され、タイトルやチームも順次発表していくとのことです。

Riot Gamesがマーベルと共同で『リーグ・オブ・レジェンド』のコミック制作を発表!―第1弾の主人公は「アッシュ」

《TAKAJO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら