Valve、Steamの「重大な欠陥」を見つけたリサーチャーに報奨金2万ドルを支払う | GameBusiness.jp

Valve、Steamの「重大な欠陥」を見つけたリサーチャーに報奨金2万ドルを支払う

海外メディアThe Registerは、Steamの欠陥を見つけたリサーチャーに対してValveが2万ドルの賞金を支払ったことを伝えました。

その他 その他
海外メディアThe Registerは、Steamの欠陥を見つけたリサーチャーに対してValveが2万ドルの報奨金を支払ったと伝えました。

Artem Moskowsky氏は、開発者用のポータルにアクセスし、ゲームのアクティベーションキーを無限に生成できてしまうバグを発見。5月に開始された「バグ報奨金プログラム」を利用してValveに報告しました。その結果2万ドルを報酬として受け取ったことを明かしています。

このバグの重大性について、Moskowsky氏は『Portal 2』のキーを36,000個も手に入れることができてしまったことを例示。莫大な損害が出てしまうことが示唆されています。この問題について、より詳細な情報はHackerOneを参照してください。
《杉元悠@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら