「スーパーマリオ」名前の由来マリオ・セガール氏が死去―不動産業など経営、享年84歳 | GameBusiness.jp

「スーパーマリオ」名前の由来マリオ・セガール氏が死去―不動産業など経営、享年84歳

任天堂の有名キャラクター「マリオ」の名前の由来となった、米国のビジネス経営者マリオ・セガール氏が2018年10月27日に84歳で亡くなったことが報じられました。

文化 その他
任天堂の有名キャラクター「マリオ」の名前の由来となった、米国のビジネス経営者マリオ・セガール氏が2018年10月27日に84歳で亡くなったことが報じられました。

マリオ・セガール氏は、1980年代にニンテンドー・オブ・アメリカが居を構えていた貸倉庫の所有者であったことから、任天堂と繋がりがありました。そして、当時開発中だった『ドンキーコング』の主人公の名前がその縁により、同氏の名前と同じものに決定。こうして、その後40年近くに渡り世界中で愛される「マリオ」が誕生したとのことです。

なお、Kotakuによれば、氏はその後自身のビジネスへの影響を恐れ長年関係性を否定していたとのことですが、今日の「マリオ」という名前の知名度は氏なしではあり得なかったと考えると、感謝したいファンもいることでしょう。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら