キズナアイが考えるバーチャルYouTuberの可能性とは?Vtuber業界の“今”を描いた海外ドキュメンタリー | GameBusiness.jp

キズナアイが考えるバーチャルYouTuberの可能性とは?Vtuber業界の“今”を描いた海外ドキュメンタリー

Archipelは、バーチャルYouTuberを題材としたドキュメンタリー映像を公開しました。

その他 その他

日本のカルチャーを題材にした映像を世界に向けて配信しているYouTubeチャンネル「Archipel」。同チャンネルは、バーチャルYouTuberを題材としたドキュメンタリー映像を公開しました。

「Binary Skin(電子的な皮膚)」と題したこの映像は、一大産業に成長しつつある日本のバーチャルYouTuber業界を追った内容となっており、その先駆けであるキズナアイがバーチャルYouTuberならではの可能性について語っています。

インタビューに答えるキズナアイ

バーチャルYouTuberは、基本的に「中の人がいない」という設定が行われており、スタッフロールで声優の名前が記載されるアニメ・ゲーム作品のキャラクターとは、似て非なるものです。だからこそ才能が発揮できる人々がいるというのを、キズナアイが世界に向けて発信したのはとても意味がある事なのではないでしょうか。

キズナアイが考えるバーチャルYouTuberの可能性とは?―Vtuber業界の“今”を描いた海外ドキュメンタリー

《真ゲマ@インサイド》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら