ニューラルネットが描く『DOOM』の世界……それは狂気か芸術か | GameBusiness.jp

ニューラルネットが描く『DOOM』の世界……それは狂気か芸術か

昨今様々な領域で注目されるニューラルネットワークによる機械学習と、それによる絵画の描写。その先端技術を『DOOM』にて適応した映像が公開されています。

ゲーム開発 人工知能(AI)
https://kingdomakrillic.tumblr.com/post/174799767846/used-a-neural-network-to-make-doom-gameplay-look

昨今様々な領域で注目されるニューラルネットワークによる機械学習と、それによる絵画の描写。その先端技術を『DOOM』にて適応した映像が公開されました。

この映像を制作したtheakrillictimes氏は、オープンソースのニューラルネットワーク絵画描写システム「artistic-videos」を用い、『DOOM』のボックスアートのような効果を『DOOM』プレイ映像に適応したとのこと。独特のサイケデリックな映像はいつもと全く異なる『DOOM』を映し出しています。


また、氏はGoogleの「Deep Dream」を使用した『DOOM』画像やMod「Deepdream Doom」も公開中(リンク先刺激的な映像ありのため注意)です。こちらはまさしく狂気と呼ぶべき形容しがたい作り。怖いもの見たさで閲覧にチャレンジしてみるのも良いかも知れません。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら