LINEモバイル、ソフトバンク傘下へ…資本業務提携に向け基本合意 | GameBusiness.jp

LINEモバイル、ソフトバンク傘下へ…資本業務提携に向け基本合意

企業動向 戦略

LINEモバイル、ソフトバンク傘下へ…資本業務提携に向け基本合意
  • LINEモバイル、ソフトバンク傘下へ…資本業務提携に向け基本合意
LINEの100%子会社のLINEモバイルは、31日にソフトバンクとの資本業務提携に向け基本合意したことを発表しました。第三者割当増資後の出資比率はソフトバンクが51%となる予定です。

今回発表された「戦略的提携」は、LINEモバイルが実施する第三者割当増資をソフトバンクが引き受ける資本提携と、MVNO事業推進のための業務提携からなり、詳細は今後の両社協議により決定されます。出資額は明らかになっていないものの、取引完了時の出資比率はLINEが49%、ソフトバンクが51%となる予定で、数字上はソフトバンク傘下となります。2018年3月目処で取引が完了する予定です。なお、LINEモバイルの代表取締役社長は、引き続き嘉戸彩乃が務めます。

MVMO事業者の苦戦も伝えられていますが、今回の提携により両社が互いに強みを持ち寄り、LINEモバイルの更なる成長・拡大を狙うとのこと。またLINEは「今回の提携で同社が成長・拡大することで、LINEが提供する各サービスや事業の拡大、コミュニケーションアプリ「LINE」を入り口とした、人や情報・サービス、企業・ブランドとシームレスに繋がるスマートポータル戦略の推進につなげたい」としています。
《さかまきうさろーる》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら