「黒川塾(四十八)」が5月24日開催決定―テーマは「eスポーツとプロゲーマーの明日はどっちだ_2」 | GameBusiness.jp

「黒川塾(四十八)」が5月24日開催決定―テーマは「eスポーツとプロゲーマーの明日はどっちだ_2」

その他 イベント

「黒川塾(四十八)」が5月24日開催決定―テーマは「eスポーツとプロゲーマーの明日はどっちだ_2」
  • 「黒川塾(四十八)」が5月24日開催決定―テーマは「eスポーツとプロゲーマーの明日はどっちだ_2」
  • 「黒川塾(四十八)」が5月24日開催決定―テーマは「eスポーツとプロゲーマーの明日はどっちだ_2」
  • 「黒川塾(四十八)」が5月24日開催決定―テーマは「eスポーツとプロゲーマーの明日はどっちだ_2」
  • 「黒川塾(四十八)」が5月24日開催決定―テーマは「eスポーツとプロゲーマーの明日はどっちだ_2」
  • 「黒川塾(四十八)」が5月24日開催決定―テーマは「eスポーツとプロゲーマーの明日はどっちだ_2」
  • 「黒川塾(四十八)」が5月24日開催決定―テーマは「eスポーツとプロゲーマーの明日はどっちだ_2」
毎回、「音楽/映画/ゲーム/ネット/IT、すべてのエンタテインメントの原点を見つめなおし、来るべき未来へのエンタテインメントのあるべき姿をポジティブに考える会」として、各方面の著名人をゲストに向かえ、様々なテーマの元に行われている黒川塾ですが、新たに「黒川塾(四十八)」が、5月24日に開催決定と発表されました。

今回の「黒川塾(四十八)」では、「黒川塾(四十四)」にて「eスポーツとプロゲーマーの明日はどっちだ!?」について行われたセッション、その第2回目をテーマに、「今、現場で起こっていること」「今後の課題」等の話し合いが行われるとのことです。


◆黒川塾(四十八)


■開催日程
・2017年5月24日(水)
・開場:19時00分
・開始:19時30分
・時間:90分~程度(終了後懇親交流会あり)

■開催会場
・御茶ノ水 デジタルハリウッド大学大学院 駿河台キャンパス
・〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア 3F
・JR中央線 御茶ノ水駅聖橋口より徒歩1分 / 東京メトロ 千代田線・新御茶ノ水駅B2出口直結
・公式ホームページ:http://gs.dhw.ac.jp/

■参加費
・peaTIX 事前申し込み 3,000円(1ドリンク代込み、軽食あり)
・peaTIX 事前申し込み 学割2,500円(専門学校・大学など学生証をお持ちいただけた方対象とします)
・当日料金 一般 3,500円 / 学生 3,000円(学生証をご持参ください)
・デジタルハリウッド在校生割引 2,000円(学生証をご持参ください)

■参加申し込み
・PeaTIX
・ネットからの申し込み:http://peatix.com/event/261251


◆概要

■主催・司会 ナビゲーター・コメンテーター・黒川文雄

東京都生まれ。アポロン音楽工業を経て、ギャガコミュニケーションズ(現在のギャガ)にて映画配給宣伝、セガエンタープライゼス(現在のセガ)にてゲーム宣伝を革新的に進化させ、ゲーム内広告を世界で初めて展開。デジキューブにてゲームソフトのコンビニ流通を開拓、デックスエンタテイメントにてFLASHを用いた世界初のネット型対戦カードゲーム「アルテイル・ネット」を展開、ブシロードにて取締役副社長、製造管理、海外販売、オンラインゲーム開発。NHN Japanにては家庭用ゲームメーカーとの大型の共同タイトルを企画開発、運営まで。あらゆるエンタメジャンルに精通したメディアコンテンツ研究家であり、本イベント・キュレーター。コラム連載など、多岐にわたる人脈と長年のナレッジの蓄積で新たな地平を切り拓いてきました。参加する皆様方とともに成長をしていきたいと思います。
Twitterアカウント:ku6kawa230

■今回のテーマ(敬称略)
2017年1月13日(金)にて黒川塾(四十四)として「eスポーツとプロゲーマーの明日はどっちだ!?」というテーマでセッションを開催しました。

現在のeスポーツの課題として、大会の開催、賞品や賞金の上限の設定、それらは景表法、刑法賭博罪との兼ね合いにより早急に解決には至らないことなどが浮き彫りになりました。

同時に、eスポーツのプレイヤーはそのスキルやリタイア後のセカンドライフなども今後市場が成長、成熟するにつれて検討が必要な課題となります。

今回は、前回の黒川塾(四十四)の課題をより現実的に受け止め、その課題ヘフォーカスし、さらに実際のeスポーツチームを育成と運営における今後の課題などを話し合います。

「アジアのオリンピック」こと、スポーツ国際大会「2022年 アジア競技大会」で正式なメダル種目になると決まりましたが、4月19日に報道された「日本人選手が派遣できないeスポーツが“メダル種目”になるも……協会が抱える課題」というテーマも現在の日本国内におけるeスポーツ団体間の認可団体か否かという課題も待ち受けています。

今回の黒川塾では日本でのeスポーツのおかれる現状と課題と未来の展望、現場で何が起こっているのかを明らかにしていきたいと思います。

ゲストはゲーミングチームDeToNator・代表・江尻勝、日本eスポーツ協会事務局長の筧誠一郎、株式会社CyberZ 執行役員 RAGEプロデューサ大友真吾、米国EchoFox所属・日本初女性プロゲーマー・チョコブランカをお迎えします。

皆様の積極的なご参加をお待ちしております。


◆ゲスト プロフィール(敬称略)

■江尻 勝(えじり まさる)

ゲーミングチームDeToNator 代表。大学卒業後、15年間美容師・ヘアメイクとして働き、35歳で美容師を引退。その後ネットショップを立ち上げ、宅建取得など経て、40歳で株式会社GamingDを立ち上げる。主なゲーム経歴としては、33歳からPCゲームを始めて、35歳でAVAで日本チャンピオンになる。2009年9月よりDeToNatorを設立。2017年で8年目を迎えるゲーミングチームに成長させる。台湾のプロリーグ参戦など、積極的に海外の大会や試合に参戦。現在も台湾に住居・練習場を整備し選手の育成に力を入れる。

■筧誠一郎(かけひ せいいちろう)

一般社団法人日本eスポーツ協会事務局長、一般社団法人eスポーツ促進機構理事、eスポーツコミュニケーションズ合同会社代表。1960年東京生まれ。1983年株式会社電通入社。主に音楽、ゲーム分野の作業に従事。2010年電通退社。eスポーツ関連業務とエンタテインメント系コンサルティングを手掛ける。現在、全国のフランチャイズチームの総当たり戦による日本eスポーツリーグを主催。

■大友真吾(おおとも しんご)

株式会社CyberZ 執行役員 RAGEプロデューサー。中央大学卒業後、2007年度サイバーエージェントへ入社。インターネット広告事業本部配属となり、翌年マネージャーに昇格。2009年より株式会社CyberZ立ち上げメンバーとして、取締役に就任、営業担当役員、メディア担当役員を経て、現在はeスポーツ事業の責任者として同社執行役員。

■チョコブランカ(ちょこぶらんか)

米国EchoFox所属日本初女性プロゲーマー/株式会社忍ism 取締役。高校時代は陸上競技に取り組み槍投げ県大会優勝、その後中京大学体育科学科卒業後、自動車メーカーマツダに就職。2009年に退社後、2011年に北米プロゲーミングチームEvil Geniusesに百地祐輔(現在夫)と共に所属。世界初の現役プロゲーマーカップルとして注目を集める。その後、2015年に夫(ももち)と共に起業。“ゲームと人を繋ぐ”というメッセージを掲げ「株式会社忍ism」を設立、取締役となる。2017年にEvil GeniusesからEcho FoXにチームを移籍し、現在へ至る。現在も国内外のゲームコミュニティを盛り上げるべく、番組企画、イベントの企画・運営などプロゲーマーの活動と企業活動を二足のわらじで行っている。
《Ten-Four》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら