ESA代表、トランプ大統領の移民政策を再び非難―米国外クリエイターへの配慮に懸念 | GameBusiness.jp

ESA代表、トランプ大統領の移民政策を再び非難―米国外クリエイターへの配慮に懸念

産業政策 政治

ESA代表、トランプ大統領の移民政策を再び非難―米国外クリエイターへの配慮に懸念
  • ESA代表、トランプ大統領の移民政策を再び非難―米国外クリエイターへの配慮に懸念
エンターテイメントソフトウェア協会(ESA)代表Michael Gallagher氏は、米国トランプ大統領が打ち出している移民政策に対する声明を発行しました。

Gallagher氏はトランプ大統領が唱える移民施策について、「海外のクリエイターやストーリーテラーに対して無謀かつ間違った対応をしており、ESAは業界のリーダー達と協力しながら、安全保障の懸念に向けた更に良いアプローチを求める」と主張し、「数カ月のうちに我々のメディアを成長させ、皆さんと協力し、我らが国境の先行きを暗くする誤った試みを拒むために警戒していく」と述べました。

また、Gallagher氏はビデオゲームのエコシステムを構成する革新的な人材、クリエイター、消費者を擁護していく姿勢についても改めて言及。ビデオゲーム文化の理解を助けるために国会議員ともつながり、TwitchチャンネルのひとつであるGovGamesの活動を広げていくとも述べています。
《subimago》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら