『ウィッチャー』『HITMAN』元開発者ら、新スタジオ「Strange New Things」を設立 | GameBusiness.jp

『ウィッチャー』『HITMAN』元開発者ら、新スタジオ「Strange New Things」を設立

ゲーム開発 その他

『ウィッチャー』『HITMAN』元開発者ら、新スタジオ「Strange New Things」を設立
  • 『ウィッチャー』『HITMAN』元開発者ら、新スタジオ「Strange New Things」を設立
AAA級ゲームの開発に携わった複数の開発者たちがポーランド、ヴロツワフに新スタジオ「Strange New Things」を設立しています。

「Strange New Things」は、『The Witcher(ウィッチャー)』シリーズや、『HITMAN』(2016年)など有名タイトルに参加していた開発者らによって構成されており、全スタッフのゲーム業界における勤続年数は合計で144年、彼らが過去に手掛けてリリースされたゲームタイトルは20本以上に及んでいるとのこと。

開発者が手掛けた主な過去タイトル
The Witcher シリーズ
HITMAN(2016)
Dying Light
Dead Island
Call of Juarez シリーズ
など

公式サイトの表記によれば、「Strange New Things」初となるプロジェクトは既に進行しているようですが、いくつかの部分が隠れており、詳細は不明。「全ては正しいときに明らかにされる」と記載されているため、どのようなゲームとなるのかは、もう少し待つ必要がありそうです。
《秋夏》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら