マイクロソフト、アップルやグーグルに続きテレビストリーミング市場に参入か | GameBusiness.jp

マイクロソフト、アップルやグーグルに続きテレビストリーミング市場に参入か

市場 その他

Microsoft(c)Getty Images
  • Microsoft(c)Getty Images
  • 「Build 2016」に登壇したMicrosoftのサティア ナデラCEO(c)Getty Images
  • 新型の「Chromecast」
  • AppleTV
 AppleやGoogleなど、IT各社が参入しているテレビストリーミングデバイスについて、Microsoftも市場参入を検討しているようだ。複数の海外メディア報道によると、Microsoftは6月に米ロサンゼルスで開催されるゲーム見本市「E3 2016」において、2種類のテレビストリーミングデバイスを発表予定だという。

 まずは、Googleが販売しているスティック型デバイス「Chromecast」に似たタイプ。こちらは家庭用ゲーム機「Xbox」のデジタルコンテンツや「Xbox One」のゲームをストリーミングする目的でリリースされ、販売価格は100ドルほどが予想されている。

 そしてもう一方は、ボックス型のデバイス。こちらはWindows Storeのアプリやゲームなどがテレビ上で操作可能となる。イメージとしては昨年暮れにAppleがリリースした、第4世代のApple TVといったところか。販売価格は150ドルから175ドルと予想されている。

Microsoft、AppleやGoogleに続きテレビストリーミング市場に参入か

《Tsujimura》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら