米任天堂、「2DS」の北米価格をさらに値下げ―79.99ドル | GameBusiness.jp

米任天堂、「2DS」の北米価格をさらに値下げ―79.99ドル

企業動向 発表

米任天堂、「2DS」の北米価格をさらに値下げ―79.99ドル
  • 米任天堂、「2DS」の北米価格をさらに値下げ―79.99ドル
Nintendo of Americaは、3D立体視機能を排したニンテンドー3DSのバリエーション機「ニンテンドー2DS」の北米小売価格改定を発表しました。

今回の発表によって、設定された新しい小売価格は79.99ドル。日本では2016年2月より発売されたばかりの「ニンテンドー2DS」ですが、北米では2013年10月にリリース済みです。また、2015年8月には、129.99ドルから99.99ドルへと本体価格が改定されていたため、今回で2度目の値下げとなります。

なお、改定された価格が適用されるのは北米で5月20日からとなっており、日本、欧州地域を始めとする北米以外での価格変更は現時点で伝えられていません。
《秋夏》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら