アクロディア、Xioのゲーム事業を健康コーポレーションから1億8500万円で取得 | GameBusiness.jp

アクロディア、Xioのゲーム事業を健康コーポレーションから1億8500万円で取得

企業動向 戦略

株式会社アクロディアは29日、健康コーポレーション株式会社からゲーム事業を展開する株式会社Xioの一部事業を取得すると発表しました。

Xioは主にスマートフォン向けのゲーム開発を手掛け、『魔法陣少女 ノブナガサーガ』、『コズミックボールGT』、『マキナ×ドールズ』(パブリッシャーは日活)などを展開しています。一方のアクロディアも『サッカー日本代表』シリーズ、『野球しようよ♪ガールズスタジアム』、『対戦パズル バトルブレイブ』や今後リリース予定の『幕末明治~恋スル龍神サマ~』などゲーム事業を拡大していく意向。

アクロディアではXioのゲームソフト受託開発事業、受託運営事業、共同開発事業、自社開発事業を取得。部門別の収支は明らかにされていませんが、第3四半期までの全社業績は売上高2億5700万円、営業利益5300万円となっています。買収金額は1億8500万円。

Xioは2005年の設立。ライザップなどを運営する健康コーポレーションが99.24%を保有する親会社。事業譲渡ということでゲーム以外の、グループ企業に対するシステム開発コンサルティング等の事業はXioに残る事になります。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら