「CEDEC2016」が8月24日から開催決定、合わせてセッション講演者の募集要項も決定 | GameBusiness.jp

「CEDEC2016」が8月24日から開催決定、合わせてセッション講演者の募集要項も決定

その他 イベント

「CEDEC2016」が8月24日から開催決定、合わせてセッション講演者の募集要項も決定
  • 「CEDEC2016」が8月24日から開催決定、合わせてセッション講演者の募集要項も決定
一般社団法人コンピューターエンターテインメント協会(CESA)は、日本最大のコンピューターエンターテインメント開発者向けカンファレンス(CEDEC)の2016年開催日程を、2016年8月24日(水)~26日(金)に決定しました。会場は「CEDEC2015」に引き続き、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)になります。

「CEDEC2015」は、224のセッション、51の展示ブース、69社のスポンサーと、2014年に次ぐ規模となり、参加者数は2014年を超える6,373人を記録。ソニーの「Project Morpheus(現 PlayStation VR)」や、Oculus Riftの最新プロトタイプ「Crescent Bay」の体験デモが行われるなど多くの話題を提供しました。

CEDEC運営委員会では、2016年においても次世代のコンピューターエンターテインメント開発に新たな道を示してくれるのではないかと期待しているようです。

また、開催日時決定に合わせて、CEDEC2016のセッション講演者の募集要項も決定しました。公募期間は2016年2月1日(月)~4月3日(日)までとなります。

募集要項は以下のとおりです。

【募集内容】
CEDEC 2016では以下の各形式につきましてセッションを公募いたします。
<レギュラーセッション(60分)>:講演者が登壇し、講演して頂く形式です。
<ショートセッション(25分)>:レギュラーセッションより短い時間で講演して頂く形式です。
<パネルディスカッション(60分)>:あるテーマについて数人の討論者が討議を行う形式です。
<ラウンドテーブル(60分)>:テーブルを囲んでモデレーターと参加者が、あるテーマについて 全員で討論します。
<インタラクティブセッション>:会場内に展示スペースを設け、発表内容の掲示及びデモンストレーションをして頂く形式です。
<ワークショップ>:参加者の作業する環境を整えて実施する参加型学習の形式です。
<チュートリアル>:主に入門、初心者を対象に基礎的な部分から応用までを解説し、一通り の基本的な内容を学べる形式です。
<CEDEC CHALLENGE>:決められたテーマや制限内で作成された成果物に対して、レビュー やコンテストを実施する形式です。

【対象技術分野】
<次の部門に関連した技術・アイデア>
エンジニアリング、プロダクション、ビジュアルアーツ、ビジネス&プロデュース、サウンド、ゲー ムデザイン、アカデミック・基盤技術、ほか

【応募方法】
CEDEC 公式Web サイト上のWeb 応募フォームに、必要な項目 を記入し、ご応募ください。
※記載方法等詳細は、順次CEDEC 公式Web サイトにて公開いたします。

【応募受付】
2016年2月1日(月)~4月3日(日)必着

【採択審査】
応募いただいた内容をCEDEC運営委員会が審査し、講演者としての採択を決定します。
※ 必要に応じて、追加資料を提出いただく場合があります。

【採択発表】
2016年4月~6月頃、CEDEC 事務局より応募者に直接ご連絡します。

【特典】
<講演採択者>
・CEDEC 2016受講パス無償進呈
・講演者同士の交流を目的としたパーティへのご招待

<応募者全員>
・CEDEC 2016受講パスをCESA会員価格にてご提供
・CEDEC 2016基調講演への優先入場(要・別途受講者パス)
・CEDEC 2016ステッカー

【個人情報】
ご応募いただいた内容および個人情報は、CEDEC運営目的以外には使用いたしません。

【問合せ先】
CEDEC 事務局 e-mail:speaker@cedec.jp
《末永 拓也》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら