アクティビジョン・ブリザードが映画/TVシリーズ制作スタジオを設立―『Call of Duty』映画化も | GameBusiness.jp

アクティビジョン・ブリザードが映画/TVシリーズ制作スタジオを設立―『Call of Duty』映画化も

その他 その他

Activision Blizzardが映画/TVシリーズ制作スタジオを設立―『Call of Duty』映画化も
  • Activision Blizzardが映画/TVシリーズ制作スタジオを設立―『Call of Duty』映画化も
  • Activision Blizzardが映画/TVシリーズ制作スタジオを設立―『Call of Duty』映画化も
先日、King Digital Entertainmentの買収を発表したActivision Blizzardですが、新たに自社フランチャイズに基づいた映画/TVシリーズの制作を担う“Activision Blizzard Studios”の設立を明らかにしました。

第一弾はフィギュア連動ゲーム『Skylanders』をベースにしたTVアニメシリーズ「Skylanders Academy」を制作。「フューチュラマ」のライターEric Rogers氏が監督を務め、Justin Long、Ashley Tisdale、Jonathan Banks、Norm Macdonald、Harland Williamsら俳優陣が声優として参加します。また、人気ミリタリーFPSシリーズ『Call of Duty』の長編映画化やTV化も計画しており、2018/2019年の公開を目指しているそうです。

スタジオを率いるNick van Dyk氏は、フランチャイズIPおよび映画/TVがビジネスとして大きなものであると伝えつつ、「私たちのフランチャイズのキャラクターや世界観、物語の新たな楽しみに方をファンに提供するのが待ちきれません」と語っています。

Activision Blizzardが映画/TVシリーズ制作スタジオを設立―『Call of Duty』映画化も

《RIKUSYO》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら